プリ小説

第6話

room*謎の男?
ハルトくんには悪いけど…

ここは何とか誤魔化そう…!
夢乃
夢乃
えっと、先生に呼び出されてて、色々プリント整理などを…
遥斗
遥斗
ハハッ。そーなんだ。
真面目な子は大変だねぇ
……、なんとかこの場を乗り切れました…
でも嘘つくのはちょっといけなかったかな…
────────────
キーンコーンカーンコーン
やっと理科の授業が終わった。
ねねねね!!まだどーだったか聞いてないよ!!教えて教えて!!
心愛
心愛
ねねねね!!まだどーだったか報告聞いてないよ!!教えて教えて!!
授業が終わったとたん、パタパタとこっちに駆け寄ってきた。
夢乃
夢乃
分かった分かったから!
そんな大したことないよ?
心愛
心愛
さっき!あったこと!全部!
もう、せっかちなんだから…
夢乃
夢乃
えっとね、まず保健室に入ると…
それから教室に戻るまで、タンタンと出来事を説明していった。

でも…全部とは言われたけど……さすがに、「危機が訪れたと思った」ことはハブいた。
心愛
心愛
えーーっ!!山田龍!?
夢乃
夢乃
あれ、心愛知ってるの?
心愛
心愛
当たり前じゃん!!私、そいつと中学が一緒だったの!!もうこの高校でもずいぶん悪いウワサたてられてるけど…
夢乃
夢乃
そんなに有名な人なの?
私って…鈍いのかな…?
心愛
心愛
夢乃が鈍いのはじゅーぶん知ってるから!
それより何かされたりしなかった?無事?
夢乃
夢乃
なにを?
心愛
心愛
例えば襲われたとか…
夢乃
夢乃
えっやっ…えっ…!?
やっぱり、
そんなことするやつだったのー!?

なんかそれっぽいの見せかけてきたけど!!
心愛
心愛
まぁ、夢乃にはまだはやいか。あるわけないね
、、自分で納得してくれた…
あの男、同クラだったよね。
また何やらかすか分かんないし…もう、あいつに近寄るのはやめた方がいいかも。
心愛
心愛
あの男、同クラだったよね。
また何やらかすか分かんないし…もう、あいつに近寄るのはやめた方がいいかも。
夢乃
夢乃
そ…そんなヤバい奴なの?
心愛
心愛
んー、本当かわかんないけどね。
そういえば…

最後に
もう俺に近づくな、とか何とか言ってたっけ。

でも…
そう言ってる時悲しそうだった…
中学の時、何かあったの?

本当のことが知りたい…
夢乃
夢乃
心愛…
心愛
心愛
ん?
夢乃
夢乃
私、明日も会いに行ってみる。
本当の真実を知るために──

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

fumi*°
fumi*°
ふーちゃんって呼んで👻 保存は👍したらおけ!加工再配布🙅× ◌なるべく相互フォロースル。 ︎︎◌基本的にコメ返すよ。 通知流れまくってるから、気づいてないようだったらもう1回送って! ︎︎ ⚠学生だからテストとかあると限定で無浮上になる時あるよ。