第10話

やって来た!
806
2018/08/30 09:30
はーい、どうもー、作者です。((お知らせじゃないから、ブラウザバックしないで!!
今回は、なんと!コラボです!!!











私の小説、「お前なんかに絶対××させない!」と。
えぇ……って思った方、申し訳ございません。
何それ、って思った方、1回、見てみてください。
それでは、本編へ、GO!
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
あなた

ふぅぅぅ。

シルク
疲れた?w
あなた

まあ、ね、

……?あの車がはじめしゃちょーの車かぁ。
あなた

あの車??

シルク
そう。
そこで、一通りの自己紹介を済ませ、はじめさんちへ。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
シルクとはじめさんが心霊スポットへ行っている間、○○ちゃんと喋ってた、
なんか、色々あった時に、はじめさんに助けてもらったんだって。
あなた

そうなんだ……

○○
うん、だから、畑メンバーも、さっき私、あんなにいじってたけど、本当は感謝してもしきれないって感じなんだよね、助けてくれたはじめんの一応後輩?というか、仲間だから。
あなた

あー、

なんか暗い雰囲気になっちゃった……
あなた

あー、えっと、○○ちゃんってやってるゲームとかってある?

○○
え?えーっと、パズドラ、かな、
あなた

本当に?!私も、やってる!!
今いるメンバーみんな誘ってパズドラやろうよ!!

○○
え、あー、うん、ありがとう(*^^*)
これは……








これは、はじめさんも○○ちゃんを好きになる訳だ。
その後、みんなでパスドラして、シルク達が帰ってきて、スマブラとかやって、楽しかった。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
そして────
あなた

それじゃあ、お邪魔しました。

シルク
お邪魔しました。
はじめしゃちょー
じゃ、シルク、また!あなたちゃんも元気で!
○○
お元気で!
たなっち
さよーならっ!
だいちぃ
お元気で〜
トマトクン
ありがとうございやしたっ
やふへゐ先生
また、よろしくお願いします〜
それぞれに挨拶をして
シルクと一緒に帰った────
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
はい!ということで、w
畑メンバー、はじめしゃちょー、全然出せなくてすみませんでした💦
シルクや、あなたは「お前なんかに絶対××させない!」にも出ているので、ぜひ見てみてください!

プリ小説オーディオドラマ