無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,157
2018/08/31

第9話

いじめ
伊野尾sid

伊「んッ…」

俺が目を覚ますと見えたのは、白い天井と、大好きなメンバーの顔。

J「伊野ちゃん!!/伊野尾!!」

伊「あれ、俺…」

大「俺とゆーやでスタッフと伊野ちゃんのあと追いかけてたの。そしたら、、ね」

髙「なんで、溜め込んでたの。いつでも頼ってよ、」

伊「グスッ、ごめんグスッ」

薮「俺らのこといつでも頼っていいから。」

伊「ありがとグスッ」


俺はいい仲間を持った。そう思う。

~Fin~