無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

95
2021/04/23

第6話

奏side
あなたくんが事故ったと聞きビックリしていた…だって周りを見ているあなたくんがひかれたから…





僕はあなたくんに助けられたことがいっぱいある…




でも僕は思った…上2人が居るのに何故ひかれたのだろうと…






でも…今はそんなの関係ない…あなたくんを心配するだけ…





手術は成功した…良かったと思った…


僕は今日…もっと強くなる事を誓った日だった…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
誠一郎side
あなたが事故にあった…理由は運転手が居眠り運転をしていたらしい…




でもなぜあなたがこんな目に遭わなければいけないのだろうか…



あんなにも優しく誰とでも普通に話してくれる人が…





俺は急いで奏と元を連れて病院へ行った…





手術が成功したと聞いてホッとしたのか涙が滝のように出てきた…




あなたはいつも俺の相談に乗ってくれていた…だから今度は俺が相談に乗ってあげようと思った…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
元side
あなたさんが車にひかれた…






神様は何て酷い人なのだろうか…




僕の他愛の無い話でもちゃんと聞いてくれるあなたさんがこんな目に遭わなければいけないのだろうか…







目が覚めたらまた僕の他愛の無い話を聞いてくれるだろうか…