無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

#14話
宇野ちゃんside


さっき、さきから聞いたんだけどね、、、



今日あなたの誕生日だって!



あと、さきがね、急にこんなこと言い出したの





「誰にも言わないでね、ただの私の勘違いかもしれないけど、、、」



「あなためっちゃ笑うときは、辛いのを隠してる証拠って」


私が


「えっ?」
って聞き返した時に



あなたが


宇野ちゃんとさき、どーしたの?ニコッ


って、、、



あなたはなにか、私たちに隠してるのかな?



昔からの親友のさきでも、


何を隠してるかは、毎回わからないって



でも、さきが言うなら何かは隠してるのかな?


私に相談してくれたらいいのに…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あなたside



毎日楽しい!



だけどね、、、



私こんな若くして




余命があと3ヶ月のことに気づいた、、



私はまだ25歳だよ?




お医者さんに



「あと、3ヶ月持つかぐらいですね、、、
手術をして、、奇跡が起これば生きれるかもしれません」



って言われちゃった💦




もっと病気に早く気づいてたらな……



最近宇野ちゃんとさき気づいてるんじゃないかって思うの、、、



私は奇跡が起これば生きれるかもしれない手術を受けるつもりなんだけどね、



その手術での生存率は





1%だって




ほぼ無理じゃん





だから、生きてる内にたくさん楽しいことしよって思った…




でも、顔に出てたかもしれない





昔からの親友のさきなら、気づいたかもしれない…




誰にも気づかれたくないな…