無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1話
ちょっと今私混乱中
そして、ニヤニヤしてるのが分かる
あ》ねぇさき〜これって夢なのかな?  
(( ↑さきとはあなたの親友です))

さ》ほっぺた叩いてみたら?

あ》うん (ペチンッ)
痛っ(´×ω×`)

さ》もう分かった?現実だよ

あ》ほんとに?

もうあなたのほっぺたは真っ赤っか

自分のほっぺを叩いたか数えられないほど 叩いた
なんでこんなにほっぺを叩いたかって?

それはね、

私のLINEの中の友だちにAAAのみんながあるから…!


何故そうなったかは

5時間前にさかのぼる・・・