無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#3話
その頃

実》まだ1組目だけどさ、この子達私たちのこと知ってるかな?(ボソッ)

秀》声をかけられるまでずっと続くだろ?(ボソッ)

実》この子達に声掛けられなかったら2組目もって永遠に続くよね?(ボソッ)

秀》この子達俺らのこと知ってるみたいだから、でも、プライベートって思われて声掛けられへんかも?(ボソッ)

実》それは悲しい、知ってるなら声掛けて欲しいな〜(ボソッ)
そんなことを知らないあなたたちは
あ》声掛けない方がいいよね(ボソッ)

さ》うん…プライベートだからね(ボソッ)
実》声掛けない方がいいよねって言ってるよ、どーする?(ボソッ)

秀》掛けてほしそうなことを本人達に聞こえる声で言う?(ボソッ)

実》そだね(ボソッ)
秀》芸能人は声をかけて欲しい人多いよな

実》声かけられたら嬉しいよね

あ》やっぱり声かける方がいいんじゃない?(ボソッ)

さ》そやね(ボソッ)

あ》さきが声掛けてや〜(ボソッ)

さ》え〜あなたお願い(ボソッ)

あ》う〜ん…頑張る✊🏻🌟(ボソッ)
あ》あの〜
実》はい?((やっと来たかな?))
とその時

店》こちらが頼まれたパンケーキセットです
あ》あっ!ありがとうございます笑
秀》グッドタイミングすぎだ(ボソッ)笑

実》もう!笑笑(ボソッ)
あ》あの〜

秀》はい?((やっと、!))
あ》ととと、り…肉美味しそうですね
((とりまで言ったのにぷるえーが言えなかった…恥ず))
実》へぇっ?!
((この子面白い笑笑))

秀》((何この子、面白すぎ🤣))

さ》何言ってるん はずっ!(ボソッ)

あ》言えんかったんやもん(ボソッ)
さきが言ってや

さ》ええよ(ボソッ)
さ》あの〜AAAの宇野実彩子さんと末吉秀太さんですか?
急にすいません。

秀》笑笑 似てます?

実》モノマネ芸人です

さ》えっ?!失礼しました。

あ》似てますよ!声も顔も!めっちゃカッコイイし可愛いし、ほぼ本人みたいに!

実》そうですか?ありがとうございます!
((この子天然すぎ、面白い))


秀》違いますよ笑 本物です

あ》…えぇぇぇぇぇぇえー!

客》ジロッ(睨む)

あ》あっ!すいません(ペコペコ)

あ》ヤバいって!(ボソッ)

さ》落ち着け、って無理だわ(ボソッ)

あ》なんで冷静におれるん!(ボソッ)

秀 実》((この2人漫才みたい笑笑))

さ》すいません。この子AAAが大好きで特に宇野ちゃ…宇野さんが好きなんですよ…
すいません。失礼します
その時?!