無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

嘘つきは両想いの始まり③
私の頭は混乱したまま。
だって。だって好きな人と両想いだったから。
グク
グク
な?関係あるだろ?
〇〇
〇〇
う、うん。
気まずい雰囲気が〇〇とグクを包み込む
グク
グク
でもさ。
俺もう振られるの確定だから、返事はいいや。
グクは、優しい口調でそういうが、本心ではないことがわかる
だってずっと一緒に居たし好きな人だから。
〇〇
〇〇
あ、あのね。
グク。
グク
グク
なに?
〇〇
〇〇
わ、私ほんとは。彼氏、。
彼氏出来たの嘘なの。
〇〇
〇〇
ごめん。
グク
グク
え、、?うそ、、?
〇〇
〇〇
あのね。本当は毎日グクにちょっかい出されるから、ちょっと仕返ししようとして。
グク
グク
だからって。
〇〇
〇〇
ごめん。
グク
グク
なんで彼氏が出来たの嘘にたどり着くんだよ。
私は、ここで自分の本心を伝えようと決めた。
〇〇
〇〇
グク?
あのね。
グク
グク
うん?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

bts.사랑헤
bts.사랑헤
BTS大好きな中2です
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る