プリ小説

第5話

パーティ。




私は、家に帰り、パーティの服装に着替え、

準備をする。





家の会場ホールに少し顔を出すと、


20人ほどの人が、もう準備満々だった。


-1時間後 開始


自分の、大人になったというスピーチをした。
_スピーチ




皆さま、きて くださって ありがとう ございます。



今日 は、私 が、大 人 になる日です。


と う と う 来たんです。



私は、い き て よかったなと思います。



産んでくれた、お か あ さ ま。



育ててくれた、 お と う さ ま。




そして、おばあちゃん、おじいちゃん。




ありがとう😊



私は、幸せです。





そして...今ここにいるか、わからない、親友。

私たちは、保育園で、あったよね。

私が1人だった、でも、声をかけてくれて。

本当に、嬉しかったよ。

毎日 あなたのことが、離れない


そんな日々を、 私は、過ごしてきたんだよ。




愛してる。




ホール全体の拍手👏が、響く。
サリ
サリ
あなたー! 来たよ♡
あなた
あなた
サリ〜!! 可愛い💕その ドレス
サリ
サリ
姉貴の、ㅋㅋ
あなた
あなた
ㅋㅋㅋ


ジョングクは?
あなた
あなた
ジョングク知らない?
サリ
サリ
知らないけど〜? どうした
あなた
あなた
なんか、来てるかな〜って
サリ
サリ
来るってば。
ミンジュ
ミンジュ
よう! あなたちゃん
あなた
あなた
あ、あんにょん! 
あなた
あなた
似合ってるよ!その 服♡
ミンジュ
ミンジュ
そ、そうか
あなた
あなた
うん。


2時間後


舞踏会が始まる。
ジュリ
ジュリ
あんにょん♡
あなた
あなた
ジュリちゃーん
あなた
あなた
誰と踊るの?
ジュリ
ジュリ
ジョングク
あなた
あなた
....ああ、へえ。
ジョングク
ジョングク
やあ。
あなた
あなた
グクっ!
ジュリ
ジュリ
さっさと、踊りましょう。
ジョングク
ジョングク
そうだな。
あなた
あなた
あ....楽しんできて。
ミンジュ
ミンジュ
僕たちも?踊ろっか
あなた
あなた
そうだよね。



舞踏会の音楽が、流れる。


ミンジュは、踊り方が、知らなかったそう。



何度も、私の足を踏む。


ダンス習ってると思ったのにい。



そして、踊りながら、ジョングクを探す。


いた! そこには、


キスをしていた、ジョングクとジュリを見つけた。
あなた
あなた
ん....


舞踏会が終わると。 ジョングクを探す。

そして.... ジュリを早く発見。
あなた
あなた
ジョングク見てない?
ジュリ
ジュリ
見てないわよ?

私は、息をぐっと。した。




ジュリは、男と絡んでいた。
あなた
あなた
お邪魔してごめんなさい
ジュリ
ジュリ
あっ うん。



私は、廊下に出た。 廊下は誰もいないから、


ジョングクは、好きであろう。





歩いていたら、カーペットに 1つの手紙。






拾って開けて見ると.....

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くろえ
くろえ
U.Kハーフ。 よろしくお願いします。 くろえっ子 大好きです😘