プリ小説

第3話

バースデイ。



今日、私の誕生日だ。





たくさんの人が来る。 正直いや。




朝起きると、みんなから、沢山のメールを
もらった。
あなた
あなた
あっ! サリからじゃん!


そして....いつも気を使ってくれるジョングク....
あなた
あなた
ない
あなた
あなた
どうかしたのかな。


学校に行く支度をし、今日は特別に、髪の毛の

アレンジをした。





家族から、おめでとうって言われ、勇気が出る。



外に出た瞬間、サリが待っていた。
サリ
サリ
おたおめ♡ あなた♡
あなた
あなた
あ、ありがと サリ
サリ
サリ
どうしたの? 元気ない?
サリ
サリ
バースデイガールは、元気じゃないと♡
サリ
サリ
ほらっ! 元気出して。



頭から、ジョングクが離れない。



どうしちゃったの....
ミンジュ
ミンジュ
あなたちゃん!!
あなた
あなた
おっ! 
ミンジュ
ミンジュ
誕生日おめでと♡♡
あなた
あなた
ありがとう。


はあ、ジョングク。




チョン・ジョングクh







急いで教室へ向かう。





ジョングクは、絶対いる。


“ ガラガラ ”


教室ドアを開けて、ジョングクの席を見ると、


そこには、いつも居たはずの、ジョングクが



珍しく居なかった。。。。
あなた
あなた
あ....もう。
ジュリ
ジュリ
どうしちゃった....?
あなた
あなた
ジョングク
ジュリ
ジュリ
ジョングク氏は〜 急だけど、
ジュリ
ジュリ
転校するらしいわよ?
あなた
あなた
はっ! うそ.... クソ



誕生日の日なのに、こんなに悲しまなくちゃいけないのって、私 不幸なんだね.....





舞踏会の音楽が、自分の心から、聞こえる。





そして放課後
サリ
サリ
あなた〜
あなた
あなた
う....うう
サリ
サリ
泣いてるの?!
あなた
あなた
ごめん....、なんか、今複雑な気持ちだらけで...h
サリ
サリ
ジョングクのことでしょー



この時自分は



あることに気づく



今すぐジョングクの元に行かないと....




このまま、会えなくなるって言うことを。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

くろえ
くろえ
U.Kハーフ。 よろしくお願いします。 くろえっ子 大好きです😘