無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

project . 46
あなたside





桜の木の下につく
そこにはまだ誰もいなかった


部員さん他に誰がいるのだろうか


3年生は先輩だけだろうか、

2年生の先輩はどのくらいだろうか

同級生は誰か居るだろうか、

上手くやっていけるだろうか...?




いや、逆に部員がいなくて
先輩と二人きりだったりして.../////





いや、何考えてんだろ。

やめよやめよ。


落ち着け、あなた





___
あ、あなたちゃん
萩原
萩原
あ、先輩...
___
よし!これで集合だ
萩原
萩原
え?他の部員さん達は...
___
俺とあなたちゃんだけ
萩原
萩原
え?
___
だから写真部は部員2人だけ!
萩原
萩原
えっ...



考えてた事が現実になると...、

やばい、死ぬ、キュン死



ダメだこれ







___
じゃあ特に説明する事もないから、部室案内してから写真撮ろっか!
萩原
萩原
は、はい...



私の通う中学校には 新校舎と旧校舎があるらしく


写真部の部室は旧校舎だ。










___
ようこそ!ここが写真部の部室だよ!
萩原
萩原
...



部室の第一印象


古いはずなのに謎に漂うアンティーク感、

レトロ風な部屋だ。


この廊下や校舎からは考えられない程綺麗


ごちゃごちゃしておらず、必要最低限の物

ちょっとした小物




でもその小物がいいレトロ風な部屋にしてくれてる







一目惚れ...

先輩にも、部室にも。





___
どお??
萩原
萩原
なんて、言えばいいのか分からないんですけど...、
萩原
萩原
一言で言うと
萩原
萩原
どストライクです。
___
え??



先輩は汚いとかそういう事を言われると思っていたのか


私の発言を聞いたら



なんとも間抜けな声がかえってきた




萩原
萩原
‪w‪w‪w
萩原
萩原
素敵です。本当に、一目惚れしました
___
分かってくれるの??この良さを
萩原
萩原
はい!
___
俺達ちょっと似てるかもね
萩原
萩原
ですね...///



その言葉だけでこんなに舞いあがる私は


単純だった、






この後起こる悲劇も知らずに...