無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

project . 28
あなたside



_________________________

(刺された日)









萩原
萩原
あ、れ。ここどこ




私は真っ白な世界にいた





萩原
萩原
あ、私。死んだんだ
萩原
萩原
もうMIKUさんにも会えないんだ…
萩原
萩原
あのほんの少しの時間MIKUさん達といれてもうそれだけで幸せだった




そしたら向こうから
白い雲に乗った夫婦がこっちに向かってきた

↑いや、登場の仕方独特ーー






あなた…
萩原
萩原
お、お母さん!?
あなた
萩原
萩原
お父さんも…




やっぱ私は死んだんだ




まだ死んでない
萩原
萩原
え?
死んでしまったらこの雲みたいな物が自分の元に届くの
でもあなたはないでしょ?
だから、死んでない
萩原
萩原
俺達が変な奴と結婚させたからだよな…ごめんな、
萩原
萩原
違うよ!お父さん達のせいじゃないよ!
萩原
萩原
私ももう死にたいな、あの人の所に行きたくない…
萩原
萩原
辛い、
あなた、あなたにはMIKUさんが居るじゃない
萩原
萩原
私がもしMIKUさんと一緒になってもMIKUさんを傷つける。
萩原
萩原
MIKUさんにまで被害が…
あなた、あの人はもう捕まった
終身刑だ
だから貴方には新しい旦那さん。
新しい『愛する』旦那さんが待ってるんだから
早く行きなさい
萩原
萩原
……
萩原
萩原
お父さん達と離れたくない…、
大丈夫よ私達はずっとここであなたを今まで見てきたから
それに、あなたにはこれから今までの16年間分の幸せが溜まってるわよ
萩原
萩原
16年…?
お前は1年、目を覚ましてない
俺達は空の上からずっと見てる、それにあなたの心にも居るだろ
萩原
萩原
うん…
あなたにはこれからたくさんの幸せと愛するMIKUさんが待ってるわ早く帰ってあげなさい
萩原
萩原
お父さん、お母さん 行ってきます!
行ってらっしゃい
MIKUという男に言っておけ
お父さんがよろしくと言っていたと
萩原
萩原
わかったよ!
萩原
萩原
行ってきます!



そう言うと2人は笑顔になって手を振ってくれた





_________________________



MIKU
MIKU
あなた…!?
萩原
萩原
ん…、



あ、またこうしてMIKUさんの顔が見れる…


こんなに幸せだったっけ、







SHOJI
SHOJI
あなた!!
AYUMU
AYUMU
SHIN!早くナースコール!!
SHIN
SHIN
う、うん!



相変わらずみんな騒がしい‪w‪w

↑いい意味でね?





幸せ。







お医者さん
あなたさん、分かりますか?
萩原
萩原
は、はい…
MIKU
MIKU
あなたっ…(泣)



そしたらMIKUさんに抱きしめられた



最初は怖かったけど私を安心させるかのように

優しく私を包んでくれるMIKUさん





ハグってこんなに温かかったっけ、







てか、みんながいる前でこれはさすがに…



萩原
萩原
MI、KUさん…///
MIKU
MIKU
お、覚えててくれたの?
萩原
萩原
も、ちろ…んで、す



当たり前じゃないですか。



1秒たりともMIKUさんの顔忘れたことなんてないです








MIKUさんは私の王子様だから



私のHEROだから。




SHIN
SHIN
よかったねーMIKU!
MIKU
MIKU
うん!
お医者さん
念の為検査があるのでこちらの車椅子に乗って来てください
萩原
萩原
は、い
MIKU
MIKU
1人で大丈夫?
萩原
萩原
うん、