無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

project . 14


未来side




待ち合わせ場所は俺達の寮の前に7時


俺はちょっと早めに行ってみたら案の定

彼女はもういた






MIKU
MIKU
またせた、ごめん
萩原
萩原
い、いや、私が、勝手に…、はやく、き、ただけで、
MIKU
MIKU
荷物、それだけで足りる?
てか、目平気?
萩原
萩原
ふく、とか、全然買って、もら、えなくて。だいしょ、ぶで…す
萩原
萩原
これ、しか、ないんで、す。
MIKU
MIKU
じゃあ裁判所終わったら買いに行こう
萩原
萩原
え、あいや…お金、ないで、す。
MIKU
MIKU
俺が買うから
萩原
萩原
い、いや!!た、すけて、もらって
萩原
萩原
そ、そ、そこまで、たのめ、ないで、す
MIKU
MIKU
いいって、俺がしたいだけだし
萩原
萩原
で、でも…
TAIKI
TAIKI
せっかくだしMIKUに買ってもらいなよ
SHOJI
SHOJI
MIKUセンスいいしね!
RIKIYA
RIKIYA
俺もいいと思うよ!
MIKU
MIKU
ちょ、お前らいつの間に‪w‪w
SHIN
SHIN
俺ら行かないなんて言ってないよ?
AYUMU
AYUMU
仲間の感動的な瞬間見ないわけねーじゃん
MASAHIRO
MASAHIRO
ついてくに決まってんだろ!
先生
先生
保護者役は俺だな
アナ
アナ
あなたの方は私が
萩原
萩原
あ、アナさ、ん…
アナ
アナ
ずっと仲良くしたいと思ってたのよ
アナ
アナ
これを機によろしくね?
萩原
萩原
よ、よろしくお願い、します。
先生
先生
じゃあ早速向かおうか