無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第50話

project . 50
そして日は経ち、


ここ、ニューヨークを去る時がやってきた





次に待っているのは武者修行だ。






そこに向けてみんなで日本に帰る、

ニューヨークの3年間の修行は終了だ。



今は空港にいる






TAIKI
TAIKI
先生3年間本当にありがとうございました
SHOJI
SHOJI
色々迷惑かけたし、お世話になりました
SHIN
SHIN
先生と過ごした3年間絶対忘れないからね
AYUMU
AYUMU
これからも俺らの活躍に期待しといて下さいね
MASAHIRO
MASAHIRO
先生3年間ありがとうございました
MASAHIRO
MASAHIRO
これ、感謝の気持ちのプレゼントです
RIKIYA
RIKIYA
慣れない環境で大変だった俺らにアメリカの、ニューヨークでの生活の苦しさや楽しさ教えてくれてありがとうございました
MIKU
MIKU
先生に教わった事忘れずにこれからも武者修行やいろいろな修行に丹念に取り組んで行きます!
TAIKI
TAIKI
先生のお客さんを第1に考える姿勢大好きです!
先生
先生
みんな、
先生
先生
この3年間いろいろあったな、PROJECTTAROを辞めた人もいたり、日本に帰る人もいたり
先生
先生
でもこの7人は諦めず最後まで頑張った、やり遂げた。この7人だからこそ出来ることまだまだたくさんあると思う
先生
先生
HIROに情報提供してもらうからな、俺に見られてると思って頑張れよ
PROJECT TARO
PROJECT TARO
はい!
先生
先生
そしてあなたちゃん
萩原
萩原
はい!
先生
先生
こんな奴らだけど最高の仲間で最高のチームワークだからこれからも良く見てやってくれ
先生
先生
そしてみんなを、MIKUを支えてやってくれ!何か困ったこととかあったらいつでもLINEしてな
萩原
萩原
はい!こんな私をずっと泊めてくれて、仕事を与えてくれて本当にありがとうございます!感謝してます
先生
先生
俺の方もだよ
先生
先生
それじゃあみんなじゃあな
PROJECT TARO
PROJECT TARO
また逢う日まで!さようなら!
先生
先生
あぁ
萩原
萩原
さようなら!
先生
先生
またねあなたちゃん
萩原
萩原
はい!






そして飛行機に乗り日本に着いた、