無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

project . 3
あなたside







私はいつも彼を見に来てる




毎日楽しそうな笑顔でダンスをして




毎日楽しそうに歌を歌って




毎日楽しそうに仲間達とじゃれあってる






そんな彼が羨ましい



毎日君の笑顔で助けてもらってる



話せなくてもいい、遠くから見てれば十分






君の名前もどこから来たかも分からない







私はあなたと話せるような立場の人間じゃない







いつも、ずっと見守ってるよ



私が死ぬまで…



いつ、死ねるかな…










トントン



肩を叩かれる







うそ、ここにいるのバレた…、?

やだやだやだやだやだやだやだ。




殺されるっ!







そう思い目を瞑って頭を抱えしゃがみ込む








SHIN
SHIN
あ、あの…
萩原
萩原
えっ…(泣)
SHIN
SHIN
え、あ…
SHIN
SHIN
な、泣いてるの!?
萩原
萩原
えっ、あ、いや…(泣)
SHIN
SHIN
大丈夫??話聞こっか??
SHIN
SHIN
てか、スタジオ入る??
萩原
萩原
いや、あの…そ、そそ、そんな…




コミュ障…


これじゃバレちゃう、。





もうバレてるか、











SHIN
SHIN
と、とりあえず行こう!!






私の手を引いてスタジオに向かって走った