無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

project . 36
未来side


お店に着いた






あなたは俺と中務裕太さんの間に座ってる


裕太さん優しいからよかった。





亜嵐さんとかだと取られそうだし…
↑どーゆ意味だよ‪wby亜嵐








亜嵐
亜嵐
じゃあMIKU達の結婚記念日にかんぱーい?
GENERATIONS
GENERATIONS
かんぱーい!
PROJECT TARO
PROJECT TARO
かんぱーい!



俺たちは

コーラやらオレンジジュースやら

お酒は飲めないのでジュースを飲んでます





隼
それでそれで!どーゆー事なの?
MIKU
MIKU
俺達は去年に出会ったんです
MIKU
MIKU
そこから交際0日で結婚しました
玲於
玲於
もうそこでさえ話が分かんないんだけど
MIKU
MIKU
ねぇ、あなた俺らの事全部話していい?
MIKU
MIKU
GENERATIONSさん達俺らの大切な信頼出来る先輩たちだから大丈夫だよ?
萩原
萩原



あなたside



いい先輩だとか言われなくても分かってる。







みんなのとる態度で分かってる。

でもそんなに沢山の人に知られたくない…


どうしたらいいか分からない…




そしたら私の肩に腕が回ってきて



裕太
裕太
あなたちゃんも困るやんないきなり来たおっさん達にそんな前に起きたこと話せなんて言われてもな
裕太
裕太
やから俺らいつでもいいんよ!あなたちゃんが話せるようになったらでええんよ!ずっと話せないならずっと聞かない。
裕太
裕太
だからあなたちゃんのペースで、言えそうだったら言いたかったらでええからな?
萩原
萩原
はい…、



最後には頭ポンポンされた、


この人優しい。




涼太
涼太
そうだよ!無理にとは言わないよ😊
萩原
萩原
ありがとうございます…


未来side




なんか、これじゃあ俺が悪いみたいになった
なんだよそれ、









俺はただみんなの事を思っただけなのに…。





龍友
龍友
MIKUも俺らの事を思ってあなたちゃんに聞いてくれてありがとうな!
MIKU
MIKU
いえ!



気を使わせてる気がするな。