無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ジン
ジンはずっとバックハグしてそう…💘

彼女ちゃん朝起きるの早くて、ジンはずっと彼女ちゃんのそばにいたくて朝ごはん作っている時彼女ちゃんのお腹に手を回して肩に顎を乗せて寝ている。

いきなり抱っこしてちゅってわざとリップ音たててって繰り返しずーっとしてそう。

彼女ちゃん心臓何個あっても足りません…💗

お風呂も一緒に入ってドライヤーもしてくれて。
ドライヤー終わったあと彼女ちゃんのことまた、抱っこして机に座らせ 長めのキス…

いつもは寝る前にゲームしてるんだけど今日は彼女ちゃんと大人のゲームを🔞