無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ホソク
ホソクの甘えん坊は結構ある

甘えん坊の時はいつも彼女ちゃんとソファーでくつろいでるとホソクがいきなり彼女ちゃんのこと持ち上げて自分の膝の上にのせる。また、そしてギューって抱き合う。そこからどんどん甘えん坊が爆発していく。

今日は、朝起きるとホソクの腕の中
ホソクは今日仕事が休みだけど彼女ちゃんは文化祭。
ホソクはせっかくの休みだからいって欲しくないようでずっとギューってして彼女ちゃんから離れない。
家を出る時間はあっという間にきて
🐴もう行くの…?
と、寂しそうに聞く。可哀想だけど文化祭楽しみだからチュッとキスをしてから家を出た。


文化祭が終わり、誰よりも早く家に帰ると、拗ねているホソク💗
彼女ちゃん急いでホソクにただいまっていっていっぱいギューってする。ホソクも返してくれて、今日は眠れない夜になりそうです😊🔞