無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

30%
私は、定期的に病院へ行くことになっていて今日、1人で病院へ行った
あなた

足はちゃんと治りそうですか?

医者
医者
そうですね...ちゃんと薬を投与していけば治ると思うんですが...
あなた

じゃあ入院ですか?

医者
医者
まぁ、そうなるんですけどその薬を投与して一時的に、意識を失ってしまうんです。そして意識が戻る確率が30%ほどなんですね。
あなた

分かりました...少し相談してみたいと思います。

医者
医者
はい。では、また来てくださいね
あなた

はい。ありがとうございました

薬を投与すれば治るけど意識が戻る確率30%か...





私は家に戻りみんなに、このことを相談した
あなた

かくかくしかじかなんだけど...どう思う?

死神
死神
そうなんだ...
ぺいんと
ぺいんと
でも、そっちの方が絶対治るんでしょ?
あなた

うん

トラゾー
トラゾー
俺は、30%にかけてみた方がいいと思う
死神
死神
僕もです
ぺいんと
ぺいんと
僕もそう思う...クロノアさんは?
クロノア
クロノア
俺は...30%しかないけど、治るんだったらあなたが大好きなテニスができるようになるなら...やってみた方がいいと思う
あなた

うん!分かった!

私には仲間がいる!
絶対に負けない!
-----あとがき-----

どうも!作者です!

もし、私なら30%の確率だったら普通に治るのを待つと思います。でもあなたさんは、薬を使うという選択肢を選びました!

さて...どうなるのでしょうか?

次回 どうなるの? です!

じゃあばいばーい!