無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

どうなるの?
私は、8月に入ってから入院することになった。      今日が入院前にみんなといられる最後の日...
あなた

ついに明日か〜

ぺいんと
ぺいんと
入院しても、もういいから!って言われるほどお見舞い行くから!
死神
死神
僕もです!毎日行きますよ!
とも
とも
それはそれで気持ち悪いぞwしにーw
トラゾー
トラゾー
2日おきでいいんじゃないかな?w
クロノア
クロノア
俺は、絶対毎日行くから!ずっとあなたのそばにいるから
死神
死神
クロノアさんから出るリア充オーラが〜
あなた

w w w w w w

とも
とも
薬の副作用だかなんだか知らないけど、意識なんてすぐに、ぱっと戻せばいいからねw
とも
とも
あと、退院したらジュエルとして、動画を作ってね!
あなた

うん!ありがとう!

私は、夜になるまでみんなと話した...
そして...
とも
とも
もうこんな時間か〜
死神
死神
ともさん、泊まっていきます?
とも
とも
そうだね、あなたを明日送っていきたいし
トラゾー
トラゾー
じゃあもう寝ましょうおやすみなさーい
私は、部屋に戻って寝ようとするがなかなか寝られないのでクロノアの部屋に行った
あなた

クロノア〜起きてる?

クロノア
クロノア
....ん?どうしたの?
あなた

なんか寝付けなくて...

クロノア
クロノア
じゃあ、ここ来る?
そう言って、クロノアが寝てるベッドに空きスペースを作ってくれた
あなた

ありがと///

私は、お言葉に甘えてクロノアのベッドの中に入れてもらった
あなた

ちょっと緊張してるのかわかんないけど、なんだか落ち着かなくて...

クロノア
クロノア
大丈夫だよ
クロノアが優しい声で言ってくれる
クロノア
クロノア
あなたは、強いんだから!そんなのに負けないでしょ!
あなた

うん!

クロノア
クロノア
.....ねぇ
あなた

ん?何?

チュッ
クロノア
クロノア
///
あなた

///えっ!?

私の唇にクロノアの唇が重なった
クロノア
クロノア
あなたが、大丈夫なように、おまじない
あなた

ありがと(*´ω`)...私、何気に異性とキスするの初めてかもしれない..

クロノア
クロノア
俺はあるよ
あなた

(もしかして、前の彼女とかかな...)

あなた

いつ?

クロノア
クロノア
俺達が付き合う前に、デート対決したでしょ
その時にあなたが疲れて寝てて、その顔が可愛かったから...ついやっちゃったんだ
あなた

てことは、ファーストキスって私と?

クロノア
クロノア
うん
私は、それだけで嬉しくてクロノアを抱きしめた...
そしていつの間にか、眠っていた
そして次の日...
あなた

じゃあ行こう

とも
とも
シートベルト忘れずにねー
ともが運転する車に乗り、私達は病院に着いた、そして手続きを終えて入院する部屋へ案内してもらい、ベッドの上に寝転んだ
クロノア
クロノア
いよいよか...
とも
とも
大丈夫だからね!
トラゾー
トラゾー
そうそう!俺らがついてるから!
死神
死神
僕、絶対にあなたちゃんと動画撮るからね!約束だからね!
ぺいんと
ぺいんと
そうだよ!足治して、ちゃんとした状態で道後を一緒に撮ろう!
医者
医者
では、そろそろ薬を投与していきますね
ぺいんと
ぺいんと
僕、ちょっと飲み物買ってくる
死神
死神
僕も
トラゾー
トラゾー
俺も
とも
とも
俺も行く〜
みんなが去っていく
クロノア
クロノア
あなた...絶対に大丈夫だからね!俺は、絶対そばにいる!ずっとそばにいるから!
あなた

ありがと..う

クロノア
クロノア
あなた大好きだよ!
あなた

わ...たし...も

薬が効いて意識が遠のいていった
クロノア
クロノア
薬が効き始めましたね
医者
医者
はい。3時間ほど経てば意識が戻ると思います
クロノア
クロノア
はい。ありがとうございます。
医者
医者
では、失礼します
医師が部屋を出ていく
クロノア
クロノア
あなた!ずっと待ってるからな!
部屋の外では...
とも
とも
いいね〜青春だね〜
ぺいんと
ぺいんと
おばさんか!
トラゾー
トラゾー
w w w w w
死神
死神
あと、3時間...みんなであなたちゃんを待ちましょう!
中に入る
とも
とも
ただいまー
クロノア
クロノア
あ、おかえりなさい
死神
死神
どうですか?
クロノア
クロノア
薬はちゃんと効いてるから、あとは目覚めるのを待つだけだって
ぺいんと
ぺいんと
ここの部屋で待ってようよ
死神
死神
もちろん!最初からそのつもりですよ!
トラゾー
トラゾー
じゃあ待とうか
〜3時間後〜
ぺいんと
ぺいんと
もうそろそろなんだよね?
死神
死神
3時間は、経ちました
トラゾー
トラゾー
でも、3時間経ってからすぐに目を覚ますっていうのもないからちょっと待ってたら目を覚ますんじゃない?
〜5時間後〜
死神
死神
どうしましょう(´•̥ ω •̥` )
なかなか目を覚まさないですよ!
クロノア
クロノア
あなた!
ぺいんと
ぺいんと
あなた!
とも
とも
あなた!
死神
死神
あなたちゃん!
トラゾー
トラゾー
あなたちゃん!
あなたside
あなた

真っ暗...怖い...

みんなは、ちゃんと待っててくれてるかな?
あなた

みんな!どこ!

歩いては見るものの、ずっと同じ風景の所を行ったり来たりしているだけで、進んでいる感じがしない
あなた

...あれって...

目の前に光の道ができて、そこを進んでいくと...
あなた

お父さん!お母さん!

死んでしまったはずのお母さんとお父さんがいた
私はすぐに、お父さんとお母さんのそばに駆け寄った
あなた

お父さんお母さん!会えて嬉しいよ!

でも、お父さんとお母さんは、なんだか浮かない顔
あなた

どうしたの?

お父さん
寂しい思いをさせてゴメンな...
お母さん
これからは、私たちと一緒よ
そう言って招くように腕を広げる
あなた

このまま、お父さんお母さんと一緒に居るっていうのもいいかもな...

私は、迷わずお母さんの胸に走っていった
-----あとがき-----

どうも!作者です!

日常組との恋...1話から8話までが視聴回数100回越えとなっていました!ありがとうございます!
そして、日常組との恋全体の視聴回数が2000回越えをしていました!皆さん!ありがとうございます!

これからもよろしくお願いします!

次回 ごめんなさい... です!

じゃあばいばーい!