無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

信じられない
私達は、私が高校を卒業してから結婚することにした...そして、プロポーズされた2年後...
私達は、結婚式を私の大切な友達だけを呼び
挙げることにした


結婚式場の準備の確認を終わらせ、一段落していた頃...
あなた

あっ、そういえば、結婚式挙げる前日辺りに読んでって本が...あったあった

『あなた!クロノアさん!結婚おめでとう!』

あなた

どんな事が書いてあるんだろ?

私は、早速中身を見ることにした
〜P1〜

あなた!結婚おめでとう!
これは、皆が一人一人直筆で書いたものです!
誰も中身を見ていないので、本当の気持ちが書いてあると思います!


目次

赤髪のとも P2

イナリ P3

クロノア P4

死神 P5

トラゾー P6

ぺいんと P7
〜P2〜

とも
とも
あなた!結婚おめでとう!
妹に先越された〜!w
でも、よく考えたらあなた可愛いし、当たり前か〜、でも!まさか、クロノアさんだとは思わなかったなw
そもそも、日常組のみんなと仲良くしてたのもビックリだったし、人生何が起こるか分かんないね。
クロノアさんが、あなたのことが好きだってことを知ったのは、クロノアさんが転校してきた当日で、クラスで『俺、もしかしたらあなたちゃんの事...好きになったかもしれないです。』って言ってたから。
そんときは、超ビックリしたよw
そんで、クロノアさんに頼まれて、
あなたに好きな人いる?って、花火大会の時に聞いたんだよ?
そしたらいないって言うからさw
もっとトキメキを持てよ!って思ったのすごい覚えてるな〜w
話が脱線しかけたけど、
ほんとにおめでとう!
これから、頑張れ!

赤髪のとも



〜P3〜
イナリ
イナリ
あなた!ご結婚おめでとうございます!
あなたは、とても我慢強くて、相手のことを思いやってくれる人で、クロノアさんはそんなあなたを愛してくれて...
あなたの性格が少しでも違かったらクロノアさんは、もしかしたら普通の友達として見てたかもしれないね。
それほど、あなたの性格は、態度は、周りの人達を引き込んでくれる。
だからこうやって、たくさんの友達に囲まれて過ごせている。
運命ってすごいね。
あなたは、クロノアさんと結婚する運命だったってことだよね?
おめでとう。
これからも、クロノアさんと仲良くね。

イナリ



〜P4〜
クロノア
クロノア
あなた...俺を選んでくれてありがとう
あの時は、他のみんなに取られてもあなたが幸せなら正直俺じゃなくても大丈夫って思ってたんだよ?
でも、あなたは、俺を選んでくれた。
その時、ほんとに嬉しくて、嬉しくて
その後も2人で色んなところに行って、とても楽しかった。
これからも、またどっかに行きたいな!
まぁ、付き合ってから、色んなことがあったけど、それでも、俺はずっと君の事が好き。
これからもずっと、いつまでもあなたのそばに居たいよ。
これを書いてるのは、プロポーズする前なんだよね。
すごく緊張してる...でも、イナリさんから
『あなたは、いつかでいいから結婚はしてみたいって言ってた』って聞いたから
きっと大丈夫!
最後に、生まれてきてくれてありがとう
俺と出会ってくれてありがとう
俺と結婚してくれて...ありがとう

クロノア



〜P5〜
死神
死神
あなた〜!結婚おめでと〜!
て言ってもこれ書いてるのクロノアさんのプロポーズ前なんだよね...
書かないであとから書いた方がいいんじゃないですか?ってともさんに言ったんだけど
『大丈夫!結婚が決まった感じで書いといて』って言われたんだよねw
ともさん破天荒!って思ってるけどこれ読んでるってことは成功したんだよね。
ほんとにおめでとう!
でも、本当は、僕があなたのことを幸せにしたかったな〜
まぁクロノアさんは、僕よりしっかりしてるし、頼りにはなるから、任せられるし安心!
もし、ぺいんとさんだったら絶対、任せらんないもんww
あなた...ほんとにおめでとう!
これからもよろしくね!

死神



〜P6〜
トラゾー
トラゾー
あなた...結婚おめでとう!
でも、まさかクロノアさんと結婚するなんて思ってもなかったな〜w
あなたがクロノアさんを選んだ時のクロノアさんの顔みてた?
すごい、目が見開いてたよw
ほんとにビックリしたんだろうねw
俺は、だいたいクロノアさんなんだろうな〜とは思ってたよ
だって、日常組の中で1番優しいし、ちょっと自由なところあるけど、一緒にいるととても楽しいし、あなたが選んだ理由も分からなくはないかな?w
俺...あなたと出会うことが出来てほんとに良かった!これから、結婚してスタート地点に行っちゃうけど、俺ら、『親友』に困った時は、話してね!
ほんとにおめでとう!

トラゾー



〜P7〜
ぺいんと
ぺいんと
あなた!結婚おめでとう!!!
クロノアさんは、自由だし、大変だと思うけど、すごい優しいところもあるから、
楽しく過ごせると思うよ!
僕と、あなたが初めて出会った時のこと覚えてる?道で僕が迷ってて、あたふたしてたらぶつかって...その時に同じ学校だって知って凄いな〜って思ってたんだよね〜w
そこから一緒に暮らすことになって、
初めてだったんだよね〜女子とこんなに仲良くなるのがww
クロノアさん、あなたと付き合ってからとても毎日が楽しそうだったよ。
だから喧嘩した時とかも裏ではすごく落ち込んでて、差が凄かったよw
でも、結局は仲直りした。それは、お互いがお互いのことを考えた喧嘩だったからからだと思うな。
でも!クロノアさんと喧嘩して、どうすればいいか分からなくなったらいつでも連絡してね。すぐ駆けつけるからw
いつまでもお幸せに!

ぺいんと
読み終わった
あなた

みんなの個性溢れてて、面白い部分があったり真面目な部分があったり...
これ一生大切にするよ

あなた

結婚式が楽しみだな〜

そして、結婚式当日
あなた

生きているうちにウエディングドレス着ると思わなかったな〜w

イナリ
イナリ
似合ってるよ、すごく
あなた

ありがとう!

クロノア
クロノア
準備出来た〜?

...ってすごく似合ってるよ!
あなた

クロノアもね

クロノア
クロノア
もうすぐで式始まるって
あなた

わかった、すぐ準備する

そして、結婚式がスタート
神父
クロノア、
汝は、いかなる時もこの女性と一緒に歩んでいくことを誓いますか?
クロノア
クロノア
誓います
神父
では、あなた、
汝はいかなる時も
この男性と共に歩んでいくことを誓いますか?
あなた

はい、誓います

神父
では、誓いのキスを
゚ .*♡*. ゚(///‐)(‐///)゚ .*♡*. ゚
信じられないけど、画面越しに見ていた人が今目の前にいてしかもその人と結婚することになった
クロノア...これから、一緒に歩んでいこう!
-----あとがき-----

どうも作者です!

こんな小説を最後までご覧頂きありがとうございました!
私、この小説が初めての作品で計画性なしで作ったものです!
でも、そんな小説でも、見てくれる人が沢山いて...

とても嬉しいです!
ありがとうございました!


次回 エンドロール です!

じゃあばいばーい!