無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

ごめんなさい...
私は、迷わずお母さんの胸に走っていった..
あなた

痛っ!

お父さんとお母さんの前にシールドのようなものが張られていて近づくことが出来ない
あなた

なんで...?

私が戸惑っていると、もうひとつの光の道が出来た...その先からは
クロノア
クロノア
『あなた!』
ぺいんと
ぺいんと
『あなた!』
とも
とも
『あなた!』
死神
死神
『あなたちゃん!』
トラゾー
トラゾー
『あなたちゃん!』
みんなの声がした
あなた

お母さん、お母さん、ごめん..私みんなのところに行かなくちゃ

お母さん
そう...分かったわ
お父さん
ちゃんとお父さんとお母さんの分まで生きるんだぞ!
あなた

うん!(´•̥ ω •̥` )ありがとう!

私は、みんなの声がした方の光の道を走っていった
あなた

眩しい...

眩しくて目を閉じて、次に目を開けたら...
あなた

...ん?

クロノア
クロノア
あなた!起きた!(´•̥ ω •̥` )
ぺいんと
ぺいんと
良かった〜(´•̥ ω •̥` )
よくみんなの顔を見たら、みんなが泣いていた
死神
死神
心配したんだよ(´•̥ ω •̥` )
トラゾー
トラゾー
ほんとに良かった(´•̥ ω •̥` )
とも
とも
良かった〜(´•̥ ω •̥` )あなたが目を覚ました〜(´•̥ ω •̥` )
あなた

みんな...ただいま(´•̥ ω •̥` )

あなた以外
おかえり!(´•̥ ω •̥` )
私たちは、お互いにたくさん泣きあった、慰めあった、抱きしめあった...
そして、私は1週間経ったら退院出来るということを医師の方に教えて貰った
あなた

1週間か〜

ぺいんと
ぺいんと
でも、目が覚めたからこそある1週間なんだからしょうがないよね
あなた

まぁ確かにそうだけどさ、みんなと一緒にいられないって言うのが悲しくてさ

クロノア
クロノア
じゃあ!毎日来るよ!
トラゾー
トラゾー
そうだよ、寂しいならその寂しさを感じなくなるほど毎日来れば大丈夫でしょ?
あなた

でも、忙しくないの?動画投稿とか

とも
とも
それはNo problem!あなたが退院してからすぐに動画投稿すれば良い話!
死神
死神
そうですね!
ぺいんと
ぺいんと
あ〜早くあなたが作ってくれるご飯食べたいな〜
死神
死神
あなたちゃんが作れない代わりに僕が作るんで大丈夫ですよ!
ぺいんと
ぺいんと
早く退院してね!
死神
死神
僕の事無視しt
とも
とも
はい!じゃあ、そろそろ面会時間終わるから俺ら帰るよ
あなた

うん!じゃあね

死神
死神
ともさんまで〜
みんなが去っていく



私は、カーテンを開けて夜空を見た
あなた

...お父さん、お母さん、私、しっかり生きるからね!

言った瞬間に星が綺麗に光り輝いた...
私は、お父さんお母さんが空で見守ってくれている...そんな気がした
-----あとがき-----

どうも!作者です!

今日、マイページを見てみたんですが..9話も視聴回数100回を超えていました!
皆さん!ほんとにありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!

次回 ぶりっ子...再び です!

じゃあばいばーい!