無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

留学前最後の文化祭4
あなた

じゃあ!開店〜!

開店してからすぐに、席が満席になった
クロノア
クロノア
...えっと、俺、男です。
クロノアが女に間違われていたのが面白かったw
あなた

クロノア確かに女子に見えるw

クロノア
クロノア
ハイハイ、それはいいから仕事仕事!
あなた

分かった分かったw

でも、なんだかんだでみんなとても楽しそうに接客をしている
ぺいんと
ぺいんと
どんだけ〜
あなた

なにやってんの?w

ぺいんと
ぺいんと
リクエストされたの!
あなた

あ〜wなるほどねw

ちょくちょく、リクエストを受けながら





そして、もう少しで終わりの時間になった時
もう、売り物が完売していた


一旦、簡単なものだけを片付けようと思ったら
ぶりっ子
ぶりっ子
あら〜❤
あなたちゃぁ〜ん
久しぶりぃ〜
あなた

...えっ

ぶりっ子
ぶりっ子
それにぃ〜
ほかのみんなもいるじゃぁ〜ん
死神
死神
なんでここに?
ぶりっ子
ぶりっ子
文化祭でしょ?
楽しみに来ただけだよぉ〜
あなた

(どうしよう...)

クロノア
クロノア
ねぇ
クロノア
クロノア
ちょっと体育館裏に来てもらっていい?
ぶりっ子
ぶりっ子
はぁ〜い!💓
(もしかして落ちたのかな?ちょろすぎw)
あなた

(えっ...クロノア?)

クロノア
クロノア
じゃあみんなで先に回ってて
とも
とも
分かった...行こ?あなた
あなた

...うん

私は、クロノアを除いたみんなと一緒に、そこをあとにした、
クロノアside
ぶりっ子
ぶりっ子
話ってなんですか?💓
クロノア
クロノア
あなたに近寄らないでくれるかな?
正直言って、ぶりっ子ってモテないしあんまり可愛くないし、気持ち悪いだけだから
ぶりっ子
ぶりっ子
...っ
クロノア
クロノア
俺は、あなたが好きなんだよ
お前なんか好きになったりしない!
ぶりっ子してる暇あったら、友達作って一緒に遊んで、楽しく過ごせばいいじゃん!
その、その楽しんでる姿を見て、お前をすきになるやつもいるかもしれないだろ!
ぶりっ子
ぶりっ子
...確かにそうかもしれないですね、
ごめんなさい!もうしません!






で...失礼ながらお願いが...
クロノア
クロノア
何?
..........


いいと思うよ、俺から話してみるよ
ぶりっ子
ぶりっ子
はい!

ありがとうございます!
みんなの所に戻る
クロノア
クロノア
お待たせ!
あなた

おかえり

クロノア
クロノア
実は...あのぶりっ子いるでしょ?
その子があなたと友達になりたいって
あなた

...えっ

ぶりっ子
ぶりっ子
もし良かったらなんですが...
別にお前なんかと仲良くなる気は無い!って言われたら、もうこれ以上近づいたりしません
とも
とも
あなた...どうするの?
あなた

私は...




仲良くなりたい!

ぶりっ子
ぶりっ子
ほんとですか!?
よろしくお願いします!
あなた

うん

で、名前ってなんだっけ?

前自、己紹介してたけどその時の貴方が嫌いで忘れ去ってたんだよね
(失礼)

ぶりっ子
ぶりっ子
私は、遥加はるかって言います!よろしくお願いします!
あなた

うん!よろしくね!
あ、敬語じゃなくていいよ

遥加
遥加
はい!...じゃなくてうん!
よろしくね!あなた!
あなた

うん!

遥加
遥加
皆さんもよろしくお願いします!
とも
とも
よろしくね
クロノア
クロノア
よろしく
死神
死神
仲良くしてね〜!
ぺいんと
ぺいんと
よろしくお願いします!!
トラゾー
トラゾー
よろしくね!
こうして、新しいメンツで私達はスタートを切った
-----あとがき-----

どうも!作者です!


ぶりっ子がまさかの、浄化されてあなたさんと仲良くなるという展開ですねw


私は、最初ぶりっ子をボコボコにしようと思ってたんですが!

ずっと考えていくうちに、ボコボコにした後に仲良くなるって言うのはどうだろうってふと思ったんで、こうしました!

では

次回 留学前最後の文化祭LAST です!

じゃあばいばーい!