無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,655
2019/08/10

第2話

スンチョル(2)
















恥ずかしがるあなたを見て可愛いと思いながらあなたの胸を下着の上から揉み始めた。
あなた
あなた
あッ///
あなたは可愛く喘いでくれる
その喘ぎ声はとてつもなく唆る。
これだからあなたからは離れられない。
クプス
クプス
どう?
と、焦らすように聞く
すると、あなたは
あなた
あなた
下着取って///
それから、///
クプス
クプス
それから??
あなた
あなた
下、触って欲しい、です、///
クプス
クプス
敬語とか反則すぎ///
と言い、あなたの身に付けてる下着を取る
それから左手で胸を触り、右手で下を触る
あなた
あなた
あッ///もっとッ///
クプス
クプス
え?もっと?なに?
こうやって焦らすとあなたは顔を真っ赤にする
あなた
あなた
//////////
モット、ハゲシク、シテ、/////
クプス
クプス
いいよ
中に入れてる指を激しく動かす
あなた
あなた
あッッ///やッ////んンッッ///
クプス
クプス
気持ちい?俺の指
あなた
あなた
んぅ///気持ちいッ///
あなた
あなた
んぁッッ////イきそッッ///
クプス
クプス
指だけでイくの?
クプス
クプス
俺のでイきたくないの?
と言って指の動きを止めてイカせないようにする俺は意地悪だなって思う
あなた
あなた
んぇ///
い、イキたい///
クプスのでイキたいッ///
ほら、可愛い
クプス
クプス
ッ///
いいよ//
と言うと勢いよく中に入れた
あなたは勢いよく入れられるのが大好きだからいつも思いっきり入れてる
そういう変態な所まで愛おしい
あなた
あなた
あンッ///きたぁ////
ね?嬉しそうでしょ。エロすぎ。
もっと激しくしたいとこだけど、今日はいつもよりゆっくり突いて焦らしてみる
クプス
クプス
どう?気持ちいい?
あなた
あなた
あの、//
クプス
クプス
んー?どうしたのー?
分かってるのにわざわざ聞く俺は悪魔だな。
あなた
あなた
もっと激しく突いて///
ほら言ってきた。やっぱあなたしかいない。
クプス
クプス
激しくされたいんだ?
あなた
あなた
うんッ///
そんな顔されたら理性が無くなっちゃうよ。
クプス
クプス
いいの?意識飛んじゃうかもよ?
あなた
あなた
いいよ///
めちゃくちゃ変態。ド変態。まぁそんなとこが好きなんだけど。
クプス
クプス
じゃあ遠慮なく。
パンッパンッパンッ
あなた
あなた
あぁンッ///クプスぅ///あぁッ///
クプス
クプス
アッ//ンッ///はァ///
俺らがぶつかり合う音が部屋中に鳴り響いていた。その音でも興奮してしまう。
あなた
あなた
あぁッ!!///
気持ちいぃよぉッ////
あなたの喘ぎ声は俺の大きくなってるものをさらに大きくさせる


パンッパンッパンッパンッ
あなた
あなた
あッッ///イくッ///イくッ!!//
クプス
クプス
俺もッ///中に出すよッッ///
ラストでさらに激しく突く
俺は欲をあなたの中に出した
お互い息を整えて、
俺から話しかけた
クプス
クプス
あなた、めちゃくちゃ可愛かったよ///
あなた
あなた
そ、そんなことないっ///
そういって照れるあなたも可愛い
クプス
クプス
愛してる
というとあなたは
あなた
あなた
私も、愛してる💕
と言ってくれた
その後は、一緒に寝た。














とっても幸せだ。




























~END~







--------------------------------------------------------------------------------




どうでしたか!?
こんな感じで大分低クオリティなんですけど、楽しんで頂けましたでしょうか??
よかったら、いいね、お気に入り、フォローお願いします!!