無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
5,117
2019/12/14

第7話

じゅんぴ

















私は高校2年生のあなた。
私は学校一の美人と言われているらしい。なんだか恥ずかしい。私自身、顔に全く自信がなかったので、恥ずかしさもあり、嬉しさもあった。そんな私にはジュンという学校一かっこいいと言われている彼氏がいた。






































私達は基本別々に登校する。何故かって?
皆が騒ぎすぎてて煩いから。1人でいる時でも煩いのに2人でいるともっと煩い。だから別々なのだ。
今日も煩い声を聞かなければと思いながら学校へ行く。











男子達
男子達
おっ!来たぞ!!
あなたちゃーん!❤️❤️
今日も可愛いよー!!!
あなた
あなた
あー、ありがとうー(苦笑)
毎日こんな感じで教室へ。
教室には幼馴染の、スンチョルがいた
クプス
クプス
今日もモテモテでいいですねぇー
あなた
あなた
私は嫌なの
頭痛くなっちゃうから。
クプス
クプス
でも良くない?あんなに沢山の人に好かれてるんだから。
あなた
あなた
まぁね。嬉しいよ
って、スンチョルもモテてるじゃん!!
クプス
クプス
俺はあなた程じゃないからㅋㅋㅋ
あなた
あなた
でもモテてるのには変わりないじゃん!
スンチョルも大変だね!!モテモテで!!
クプス
クプス
全っ然?
女の子にやめて?って言ったらすんなりやめてくれるし、全然苦労しないー
あなた
あなた
いいね、スンチョルは!
私なんかそんなこと言ってもやめてくれないよ!
クプス
クプス
それほど好きってことじゃね?
あなた
あなた
そうなのかは分からないけど、私じゅんぴ居るんだよ?
クプス
クプス
まぁ確かに。じゅんぴ相手なのに彼奴ら容赦ねぇな。ㅋㅋㅋ
なんて事話していたら廊下から騒ぎ声が聞こえた
あなた
あなた
あ、じゅんぴ来たんだ
女子達
女子達
ジュン君ー❤️❤️❤️
お弁当作ったから今日のお昼食べてぇー❤️
じゅんぴ
じゅんぴ
ごめん!彼女が美味しいお弁当作ってくれてるからまた今度ね!
女子達
女子達
あー😭😭😭
やっぱりあなたちゃんには敵わなかったー😭😭😭
じゅんぴ
じゅんぴ
あなたー!おはよー!!!
あなた
あなた
おはよ!
じゅんぴ
じゅんぴ
あのね、昨日ね、夢でね、妖精さんが居てね、あなたにそっくりだったの!小さくてとっても可愛かったんだ!
はい、出ました不思議の国。
ジュンはいつも妖精さんの話を1日1回だけします。何故なのかは分かりません。
でも、妖精さんの話をするジュンが子供みたいに可愛くて愛おしいです。
そんな話をしていると、、
篠塚美咲
篠塚美咲
ジュン君ー❤️❤️
おはよぉ❤️
この子は、、
いっつもジュンに付きまとっている女の子。
ジュンの事を狙っているらしい。
でもジュンはそんな事を知らないのでいつものように話す。
じゅんぴ
じゅんぴ
あ、おはよ!
篠塚さん!
篠塚美咲
篠塚美咲
もぉ❤️
ジュン君ったらぁ💕
彼女がすぐそこに居るからってぇ苗字で呼ぶ必要ないよぉ💕
ね?美咲って呼んでぇ?❤️
じゅんぴ
じゅんぴ
でも、篠塚さんの事名前で呼んだらダメって妖精さんが言ってた!!!だから呼ばない!!
篠塚美咲
篠塚美咲
えぇー?妖精さんって誰ぇ??
じゅんぴ
じゅんぴ
夢の中にいっつも出てくるの!!
篠塚美咲
篠塚美咲
そうなのぉ?それはよかったねぇ❤️
じゅんぴ
じゅんぴ
うん!
因みに、、
この美咲ちゃんは、私の事を憎く思っているらしくよく虐めてくる。でも、私には幸い友達が多かったので助けて貰っている。
じゅんぴ
じゅんぴ
あなた!ちょっと先生に呼ばれちゃったから行くね!いい子に待ってるんだよ!僕の妖精さん!!!
あなた
あなた
わかったよー(^^;)
篠塚美咲
篠塚美咲
ねぇ、あなたちゃん?
あんたさぁ、ちょっとモテてるくらいで調子乗りすぎじゃない?私のジュン君も奪っちゃって。あんたってほんと最低よね
あなた
あなた
調子になんて乗ってないよ。

あと、じゅんぴに関しては私からアプローチした訳じゃない。
じゅんぴは、私に1回告白してきた。その時は、好きでも何でもなかったから振ったよ。でも、何回も何回も告白してくるし、私も次第に惹かれていっちゃったからOKしたの。
あなた
あなた
だから、私がじゅんぴを奪った訳じゃないよ。
ていうか、奪ったなんて人聞きの悪いこと言わないでよ。付き合ってなかったんでしょ?
篠塚美咲
篠塚美咲
そんなの嘘よ!!!
私はジュン君と付き合ってたの!!!
今も付き合ってるわよ!!!!
あなたは、ジュン君の浮気相手なのよ!!!
騙されちゃって馬鹿みたい!!!!
ここ教室なんだけどな、、、
あなた
あなた
じゅんぴはそんな悪い事する子じゃない。
篠塚美咲
篠塚美咲
いーや!してるの!
あなたはジュン君に騙されてるだけ!!
だって、私、ジュン君と夜の営みまでしてるんだから!!!
あなたはしたことないでしょうけどね!!!
教室はとても静かになった。
私は嘘だって分かってるのに、何故か泣いてしまった。
私が泣くと、親友の愛衣がすぐに駆けつけてくれて、
愛衣
愛衣
大丈夫。ジュンはそんな事絶対しないって。
でも、辛いよね。お手洗い行こっか。
と、教室を出ようとして、ドアの方を見ると、そこには、
じゅんぴ
じゅんぴ
なんの話してたの??
あなた、、泣いてる、、??
あなた
あなた
じゅんぴ、
ジュンが来た途端、美咲ちゃんは、、
篠塚美咲
篠塚美咲
グスッグスッ
嘘泣きをし始めた
でもジュンはそんな美咲ちゃんを無視して私の所へきた
じゅんぴ
じゅんぴ
どうしたの?何があったの?誰になにされたの?大丈夫??
あなた
あなた
ねぇ、じゅんぴ、
ちょっと話がしたい。
じゅんぴ
じゅんぴ
うん、いいよ
あなた
あなた
愛衣、わざわざありがとね、ちょっと話してくる。
愛衣
愛衣
うん、親友だし、当たり前の事しただけだよ!頑張ってね!
と、愛衣は優しい顔でにっこり笑ってくれる。
あなた
あなた
じゃあ、行ってくる。
そして、私達は空き教室に来た。
じゅんぴ
じゅんぴ
話したいことってなんなの??
あなた
あなた
あのさ、浮気とか、してないよね?
じゅんぴ
じゅんぴ
するわけないじゃん!!!
僕はあなただけが好きなんだよ??
誰かに嘘言われたの??
あなた
あなた
実は、
私は美咲ちゃんに言われたことを全て話した。
じゅんぴ
じゅんぴ
そんな事があったんだ、、
だから、あなた泣いてたんだね、
僕が居なくてごめんね、代わりに慰めてあげるから。
と言うとジュンは私を机の上に乗せひざまついた
あなた
あなた
え、するの、?///
じゅんぴ
じゅんぴ
うん、駄目かな、?
あなた
あなた
いいけど、1回しかしたこと無かったから、///
じゅんぴ
じゅんぴ
確かに。
僕、皆に純粋って言われること多いけど、ほんとはあなたといつエッチなことできるかっていつも考えてるんだよ?
じゅんぴ
じゅんぴ
あなたとエッチしたのが僕の初めてだったし、忘れられなかったんだ。
お互い初めてで嬉しいのもあった。
だから、またしたいなってずっと思ってた。
あなた
あなた
そうなんだ、///
じゃあ、しよ、///
じゅんぴ
じゅんぴ
うん///
そう言うとジュンは私の足を思い切り広げ、私のパンツを下ろしてきた
あなた
あなた
恥ずかし、///
じゅんぴ
じゅんぴ
綺麗だから恥ずかしがらないで
と言うと、私のアソコを舐めてきた
あなた
あなた
あッ///んッ///
と、そこに、今までこっそり話を聞いていたクプスが入ってきた
クプス
クプス
楽しそうなことしてるじゃん?
クプス
クプス
俺見てていい??
じゅんぴ
じゅんぴ
いいよ(^^)
あなた
あなた
え!駄目だよ、恥ずかしいもん、///
クプス
クプス
それがいいんじゃん。
それにしても意外だなー。ジュンがそんな事するなんて
じゅんぴ
じゅんぴ
話聞いてたなら分かるでしょ?僕純粋じゃないんだよ
じゅんぴ
じゅんぴ
あ、もう挿れるね
あなた
あなた
え、ちょっ、待って!///
じゅんぴ
じゅんぴ
何??
あなた
あなた
クプスいるのにするの、?
じゅんぴ
じゅんぴ
するよ?その方が興奮するじゃん
と言うとジュンのモノが勢いよく入ってきた
あなた
あなた
んはぁッ///♡
そんなッ///いきなりッ///
じゅんぴ
じゅんぴ
気持ちいいでしょ??
と聞かれると同時にジュンの腰の動きが早くなった
あなた
あなた
気持ちいッ///
じゅんぴ
じゅんぴ
ふふッ
どう?幼馴染に彼氏とヤってるとこ見られるのは
興奮するでしょ?
あなた
あなた
恥ずかしいよぉ///
じゅんぴ
じゅんぴ
可愛い///
もっと興奮してきた
というと更に腰の動きを早めた
クプスはまじまじと見てくる
あなた
あなた
クプスゥ///見ないでぇ///
クプス
クプス
そんな声で俺の名前呼ぶな///
興奮するだろ///
あなた
あなた
んッ///ごめんねッ///
クプス
クプス
いいから
俺の事気にせずジュンとヤリまくれよ
あなた
あなた
んゥ///わかったよッ///
じゅんぴ
じゅんぴ
ん?クプス、勃ってるじゃん
僕らの見ながら1人でする?
クプス
クプス
ヤッていいの?
じゅんぴ
じゅんぴ
いいよ、苦しそうだし
そういうとクプスは自慰行為を始めた
そんなのはお構い無しにガツガツ突いてくるジュン
あなた
あなた
んゥ///♡
じゅんぴッ♡もっと///突いてぇ♡
じゅんぴ
じゅんぴ
わかったよッ///
と言うとジュンは私を地べたに四つん這いにさせ、また挿れてきて、激しく突いてきた
あなた
あなた
あッ///やンッ///奥ッ///ちゅかれてるゥ///
じゅんぴ
じゅんぴ
あっ、そうだ、あなた!
クプスの舐めてあげたら?
あなた
あなた
えッ///なんれぇ?///
じゅんぴ
じゅんぴ
苦しそうだからっ///
クプスも舐めてほしそうな顔してるよ?
クプス
クプス
あなた…舐めて、もうパンッパンだから。
あなた
あなた
わかったぁ///
そういうと私はクプスのアソコを舐めまわした
じゅんぴ
じゅんぴ
どう?幼馴染の口はッ///
クプス
クプス
最っ高ッ///
毎日ヤッてほしいくらいッ///
じゅんぴ
じゅんぴ
だってよあなたッッ///
毎日シてあげたらッ?///
あなた
あなた
はいいひはふひッ///
(毎日は無理ッ)
じゅんぴ
じゅんぴ
ふふっ///かーわいっ///
と、いい、私の中をお構い無しにガツガツ突いてくる
その勢いでクプスのアソコが喉の奥まで入ってくる
クプス
クプス
あっ、もうイキそッ///
出すから、飲んでね?///
あなた
あなた
ひはッッ、ほほひはひへッ
(いやッッ、外に出してッ)
クプス
クプス
無理、イくッッ///
クプスは私の口の中に白くて濃い液体を出した
あなた
あなた
んッ、ゴクッ
クプス
クプス
ちゃんと飲めるんじゃん、偉いね///
と、私の頭を撫でてくれた

それを見て嫉妬したジュンが
じゅんぴ
じゅんぴ
まだ終わってないんですけど、勝手に終わったみたいな雰囲気出さないで?
クプスは見てなよ、幼馴染が犯されてる姿
私の中を激しく突いてくるジュン
あなた
あなた
やッ、じゅんぴッ///激しいよッ///
じゅんぴ
じゅんぴ
こーゆーの好きでしょッ///
あなた
あなた
あ、いやッ//それはッッッ///
ジュンのモノの先端が奥に当たって気持ちいい
じゅんぴ
じゅんぴ
あッ//あなたッ///締めすぎッッ///
あなた
あなた
もうダメッッッ///イクッッッッ///
私はイッた
じゅんぴ
じゅんぴ
んえぇ?//もうイッたの?///
僕まだまだなんだけど////
あなた
あなた
もう、無理っ//
じゅんぴ
じゅんぴ
僕まだイッてないから続きするね?
あなた
あなた
ふぇッ///あッッ///ダメッッッ///イッたばっかりッッッッッ///
そこから私の意識は無くなった
〜数時間後〜
あなた
あなた
……ん、ここ、どこ、、
じゅんぴ
じゅんぴ
あ、起きた??
あなた、ごめんね、意識飛ぶまであんなことしちゃって…
あなた
あなた
え?あっ//大丈夫///
じゅんぴ
じゅんぴ
ふふっ// 
ちなみにここは僕のお家だよっ
あなた
あなた
そうなの?わざわざありがとね!
そいえば、クプスは??
じゅんぴ
じゅんぴ
あの後帰ったよ!
あなた
あなた
あ、そなんだ!!
じゅんぴ
じゅんぴ
うん!
さて!僕、あなたの為にご飯作っちゃお!!
今日泊まってってよ!!誰もいないんだ!!
父さんも母さんも旅行行ってる!弟も着いていった!!
あなた
あなた
いいの?やった!!じゃあ泊まっちゃお!!
そして、2人は仲良く過ごした___





















------------------------------------------------------------




~END~