第8話

花火
91
2018/08/10 22:08
アナウンス)花火打ち上げまで30秒前~
煤庭優斗
ここがみやすい場所で
誰も来ないから
綺羅西瞳
うわぁ...
綺羅西瞳
眺めよさそー...🐱
煤庭優斗
今日さ...楽しかった?
綺羅西瞳
うん!楽しかった!
痛っ...あっ...
髪の毛の飾りが...
煤庭優斗
待って...やってあげる
綺羅西瞳
あ...ありがとう...//
煤庭優斗
できたよ
綺羅西瞳
すごいね...
優斗...何でもできるね...
煤庭優斗
まぁ...ね...
お姉ちゃんに色々
やってって言われてさ...
綺羅西瞳
そうなんだ...
煤庭優斗
まぁそのお陰で瞳の
髪の毛が可愛くできた
煤庭優斗
こっち向いて
綺羅西瞳
えっ?
パシャッ
綺羅西瞳
あぁ~?!写真とった!
煤庭優斗
ごめんって...
でも可愛いから
ほらっ!
綺羅西瞳
え...
煤庭優斗
俺はそんな瞳が好きです
綺羅西瞳
えっ...?
ーー優斗 Saidーー
俺、今なんて言った?
『好きです』って言ったよな!
おい俺!
なに言ってんだよ!
ーー瞳 Saidーー
え...
いま...
告白...
された...?
こんな可愛くない私を
優斗は好きだったってこと!?
え...
こうゆうときって
何て言えばいいんだろう...

プリ小説オーディオドラマ