プリ小説

第7話

イライラ
望side

あの日、俺は色々あってイライラしとった。

だから、そのせいであなたに嫌な思いをさせた…

小瀧望
小瀧望
はぁ…
○○
○○
どーしたん?
いつものように元気に聞いてくる
小瀧望
小瀧望
なんでもあらへん…
○○
○○
けど、元気ないやん!
○○
○○
大丈夫か?色々あったんは分かるけど、
望なら、大丈夫やって!(ニコッ
そーやって笑う君があの時はうざくて…
小瀧望
小瀧望
俺なら大丈夫…?(ボソッ)
○○
○○
…え?
小瀧望
小瀧望
なんも分かっとらんくせに、俺なら大丈夫とか言うなや!
お前のそーいう所嫌いやねん!
こっちはせっかくの休日も、お前のショッピングとか、付き合って、体の疲れも取れねぇーんだよ!
○○
○○
…そー思っとったんや…
我に返った俺は…
小瀧望
小瀧望
あ…ごめん…
○○
○○
ええよな…そーだよね!私なんかのショッピング付き合っとたら…疲れ取れないよね…
あ…ごめんね!
ほんまに、、、気づかんかった…ごめん。
望は、1人の方がええよな…!
そう言って、君は家を出ってた。
小瀧望
小瀧望
あなた!
俺の声も無視して…











俺はちゃんと、帰ってくるって思ったから、追いかけなかった…











でも…追いかけとったら、あんな事にはならんかったのかな…



(電話)
濵田崇裕
濵田崇裕
望!今すぐ○○病院にこい!
小瀧望
小瀧望
濵ちゃん…どないしたん…?
俺は嫌な予感がした…
濵田崇裕
濵田崇裕
あなたちゃんが…事故った…
俺は電話を切り、走った。


(病室のドアを開ける)
そこにはメンバーがいた…そして





























眠ってるあなたも。
重岡大毅
重岡大毅
お前!自分のした事分かってんのか!?
シゲは怒って俺の胸ぐらを掴んだ…
中間淳太
中間淳太
シゲ…落ち着け…
小瀧望
小瀧望
あなた…目覚ませよ!
医者)ご家族の方ですか…残念ながら…
あなたは、お亡くなりになりました…。
小瀧望
小瀧望
なんで…なんでやねん!なんでやねん!
あなた!起きろや!













あれから俺は泣きまくった…







































そして…3年後…俺はまだ、いやこれからも…
あなた以外の彼女を作る気はない…。



あなた…ゴメンな…大好きやで…愛してんで…。




























END

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

☺honoka
☺honoka
OPEN とびっ子、ジャス民、ティアラ、セクガル、ほとんどジャニーズ好きです! めっちゃかけ持ちしてます…笑 学校ほとんど(先生抜き)が知るほどのジャニヲタです笑 ジャニスト 神担→智くん 副担→のんちゃん 担当→みんな笑 JUMP 神担→光くん、涼ちゃん 副担→大ちゃん 担当→みんな笑 sexyzone 神担→勝利くん 副担→聡くん 担当→ふーま King&Prince 神担→廉 副担→紫耀 担当→みんな笑 同担は、拒否ってないよ!welcome😍 ファン歴)JUMP1年2ヶ月 King&Prince2年 ジャニスト8ヶ月 sexyzone1年 まだ、短いです!笑 投稿します! 下手な小説ですが、応援お願いします! 暖かい目で見守ってくれると嬉しいです! リクエストも受けます!🔞も、リクエストがあれば書きます! よろしくお願いします!