無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第8話

5分後。僕とハルの身体に異変が起き始めた。
アキ
アキ
(これってもしかして......)
ハル
ハル
お、ぃ.....ッ....やっぱ.....
ハルは息を荒らしながらやつらを睨む。

僕はただ跳び箱にもたれて息をするだけだった。
ㅤㅤㅤㅤㅤ
そうだよ。媚薬。ペットボトルに媚薬を入れておいたんだ それも結構キツいやつだよ
アキ
アキ
そ、んな.....、ッ.....//
ㅤㅤㅤㅤㅤ
ごめんな こっちはお前よりももっと強い方だ
そう言って1人が僕の頭を乱暴に掴んだ。

そして彼は制服のズボンのチャックを降ろし、物を僕の口の中に入れた。
アキ
アキ
ん、ん.....ッ゙ ......ヴ....ッ゙
苦しい。気持ち悪い。

口の中に生暖かい物が入ってくる。太いし大きいし最悪だ。

僕はそれをペロペロと犬のように少しずつ舐める事しか出来なかった。
ㅤㅤㅤㅤㅤ
下手くそだな.....!
アキ
アキ
ヴ.....ッ゙!?
喉まで咥えさせられた僕は苦しくて息が出来なかった。涙が溢れてきて意識が朦朧としてくる。

ハルが何かを叫んでいる。止めろ、とかクズ、とか。僕はただ物を咥えるしか出来なかった。
ドピュ、ッ。

口の中に液が広がった。僕は彼の物が口から離れた瞬間、口から液を吐き出した。
ハル
ハル
アキ.....!ッ.....ん.....//
ハルはいつの間にか制服を全て脱がされ、全裸になっている。

ハルの物は勃っていて苦しそうだ。
アキ
アキ
ハル.....今僕が.....楽に.....
そう言って僕はハルの物を咥えた。

さっきとは違って苦しくなくてハルの形、ハルの物だということを実感した。そう思うとつい興奮してしまう。
ハル
ハル
出る.....ッ.....//
アキ
アキ
ん、ン///
ハルの物からいつもの倍くらい液が溢れ、僕もハルも果ててしまった。



悪夢はまだまだ続くのであった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

🌟
🌟
Girl
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る