無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話



俺は幼い頃からスケートを習っていた...。

1年前...ある事がきっかけで...俺はスケートを辞めた...。


今から...ちょうど...1年前...

俺はいつも通りに...技を決めようとした...

その時...


バクン...

俺の心臓が...いきなり...苦しくなった...

その瞬間...俺はバランスを失い...リンクに倒れた...。





理斗(りと)
理斗(りと)
.....グッ.....ゲホッ...ゲホッ...
ポタッ...ポタッ...
っと血が...垂れてきた...
理斗(りと)
理斗(りと)
なっ.....なんで.....ゲホッゲホッ...
俺は...立ち上がろうとしたけど...体がゆうこと聞かない...その時...置く方で...コーチの声が聞こえた...
コーチ
おい!起きろ!立て!
横になってる暇があるんだったら..もう1回やれ!
理斗(りと)
理斗(りと)
だから...立てないんだって)ゲホッ...ゲホッ...グッ...
コーチ
おい!赤羽!立て!
(足で背中を蹴る)
理斗(りと)
理斗(りと)
グッ...カッ.....
(大量に血を吐く)
その時やっと...俺の異変に気がついてくれた...
コーチ
赤羽?おい!しっかりしろ!
コーチの声がどんどん遠くに聞こえて...












俺は意識を失った...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❥ふ ゎ ❥
❥ふ ゎ ❥
初心者なりにがんばりまーす!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る