無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

カウントダウン⏰
ちょっ...理斗!理斗!
理斗(りと)
.....母さん.....ハァハァ...ケホケホ...
息が続かない)
理斗...血吐いてないよね?
理斗(りと)
...うん...ハァハァ...
なら良かった...
理斗(りと)
なんか...視野が暗い)
目も回ってるし...)フラッ..
ちょっ...理斗!理斗!
理斗(りと)
...(ぐったりする)
玄関のドアが開いた)
架唯(かい)
...理斗?...大丈夫?
あっ架唯くん...
架唯(かい)
あっお世話になってます...

理斗待ってるんですけど...
架唯(かい)
ちょっ...理斗!
しっかりしろ!
理斗(りと)
ゼェ...ゼェ...ハァハァ
救急車呼んで来るから...ちょっと待ってて!
架唯(かい)
はい!
架唯(かい)
理斗!理斗!
理斗(りと)
ハァハァ...ケホケホ...
架唯(かい)
ん?...袖伸ばしてる)
架唯(かい)
袖をめくる)血...!
理斗(りと)
...架唯...うるさい...ケホケホ...
架唯(かい)
うるさいじゃねーだろ!
架唯(かい)
なんで隠してたんだよ!
理斗(りと)
だって...心配...する...やん..ケホケホ...
架唯(かい)
心配されろよ...😭
理斗(りと)
ごめん...フラッ...(架唯の方に倒れ込む)
架唯(かい)
理斗?...
理斗(りと)
ハァハァ...ゴホッ...ゲボ...(血吐く)
架唯(かい)
理斗!
理斗(りと)
ケホケホ...ゴホッ...(血吐く)
架唯(かい)
袋を理斗の口元に持っていく)
背中さする)
理斗(りと)
ケホケホ...ウッ...ゴホッ...ゴホッ...ゴボッ...オェ...(大量に血を吐く)
理斗(りと)
...ぐったりする)...(意識が飛びそう...)
架唯(かい)
理斗?...
理斗(りと)
...(意識不明)
架唯(かい)
おいっ!理斗?分かるか?...
理斗(りと)
...(意識不明)
その時...救急車が到着した
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡