無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

私は普通の人と少し違う...
ある日...いつも通り...通学路を歩いている時...
前から人が歩いてきた
私は普通にその人の横を通った
その時...気がついた...
通って行く人達全員の頭の上に数字があること...そして...時間と共にその数字は減っていってること...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
何...あの数字...)
私は気にしなかった...
でも...その時...ある1人の男の人が通っていった...
私は違和感を感じた...








その人の数字は...0.10となっていた...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
寝不足なのかな...)
私はこの時は何もなかったようにしていた...
その時...
キキィーガン
後ろの方で物凄い音がした...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
なっ 何...)
私は後ろを見た...

...追突事故...だった...。
どうやら...赤信号を無視して...車が歩行者に追突したのだ...











そこには..車が止まっていた...その下には...人が倒れていた...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
ん?あっあの人...)
そう...その人は...さっき0.10になってしまっていた...人だった...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
えっ...)
その人は救急隊員に応急処置をしてもらっていた...。



でも...頭の数字は...時間と共に...5...4

っと...減って行く...


3...2...1...0...



0の数字になった瞬間...



救急隊員
おい!しっかりしろ!...
私はこの瞬間...数字の意味が分かった...














この数字は、その人の残りの時間ということ...。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❥ふ ゎ ❥
❥ふ ゎ ❥
初心者なりにがんばりまーす!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る