無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

カウントダウン⏰
いつも通りに通学路を歩いてい帰宅してる時...
理斗(りと)
...グッ.....
いきなり誰かに...首を思いっきり...締められた.



俺は幼い頃から...身体が弱かった...
理斗(りと)
.....グッ.....
声が出ない...)
男の人
お前まだ生きてたんかい...

今度こそ殺してやるから...
理斗(りと)
...グッ...
だ...誰か.....助けて...)
その時...愛夏が通った...
愛夏(まな)
理斗?!辞めてください..!
男の人
はぁ?!なんだと?
手を離す)
理斗(りと)
グッ....ゲホッ...ゲホッ...
男の人
愛夏の襟元を掴む)
てめぇ...殴られたいのか?
愛夏(まな)
ううん...や...辞めて.....(´;ω;`)
男の人
愛夏を殴ろうとする)
愛夏(まな)
や...辞めて...
私の前で...手が止まった...
理斗(りと)
ハァハァ...俺の女に手を出すんじゃねーよ...
(男の人の手を掴む)
愛夏(まな)
り...理斗...
男の人
何...お前女いるん?
理斗(りと)
いるけど...何?
男の人
なんも...俺の目当ては...お前だからな?
理斗の首を締める)
理斗(りと)
クッ.....い...き...が...
愛夏(まな)
ちょっ辞めて...お願いだから...
男の人
は?...てめぇ.に..言われたくないわ...
愛夏(まな)
そ...そこに..警察の人いましたよ?...いいんですか?捕まって...
男の人
えっ?...
(手を離す)
(理斗を壁に投げる...)
理斗(りと)
痛っ.....ハァハァ.....ゲホッ...ゲホッ...
壁にぶつかる)
愛夏(まな)
理斗!?
男の人
覚えてろよ?
次こそ...殺ってやるからな...
そう言うと男の人がどこかに行ってしまった...
愛夏(まな)
理斗...?大丈夫...?
立てる?...
理斗(りと)
愛夏...うん...
立つ)
愛夏(まな)
あの人とどんな関係?
理斗(りと)
あぁ...俺のスケートのコーチ
愛夏(まな)
えっ...
理斗(りと)
俺昔から..パワハラ受けてて...俺が辞めるって言ってから...いつもどこからか出てきて...あぁいう風にされる...でも...慣れてるから大丈夫だよ。
愛夏(まな)
お母さんには言ってるの?このこと...
理斗(りと)
ううん...言ってない...


俺の問題だから...
愛夏(まな)
そうか...なんかあったらまた言ってね?
理斗のこと守るから...
理斗(りと)
ありがとう...帰ろ?
愛夏(まな)
うん...
絶対...守ってあげるから...
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡