無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

カウントダウン⏰
理斗(りと)
ん...。
俺は目が覚めた...時...
あっ...理斗...大丈夫?
理斗(りと)
えっ.....誰ですか?...
何言ってるのよ(笑)
理斗の母親よ?
理斗(りと)
母親.....グッ...ゲホッ...ゲホッ
大丈夫?
理斗(りと)
大丈夫...。
主治医
すいません...赤羽さんですか?
理斗(りと)
そうですが...
主治医
お母さんと一緒に個室に来てください...
話したいことがあります...
理斗(りと)
はい
はい
俺は...主治医が待っている個室へ行った...
個室
理斗(りと)
失礼します...
失礼します...
主治医
あっ...理斗くんは外で待ってて貰えるかな?
理斗(りと)
わかりました...
俺は外に出た...。
主治医
理斗くんの心臓と肺がとても危険な状態です...
でも...治す方法は、今の現状1つしか見つかっていません...。
そ...そんな...

1つとは...
主治医
生存率10%の手術をするしかないです...。


もし...手術をしなければ...


もって...あと1年です...。
そ...そんな...理斗...(´;ω;`)
主治医
私達も全力を注ぎます!
お願い致します...
俺は...母さんが話してる会話が...聞こえてしまった...。







俺は...その場に崩れ落ちた...。
理斗(りと)
なんで.....残り1年なんだよ...。



1年って...愛夏の誕生日じゃん...。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡