無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

ピーポーピーポ🚑💨

愛夏(まな)
愛夏(まな)
今日は外が賑やかだな...)
私は部屋で勉強に取り組んでいた
🚑の音がしなくなった...
なのに...🚑は私の部屋から見える範囲で止まっていた...。
愛夏(まな)
愛夏(まな)
なんか...やな予感がする)
私はコートを来て部屋を出た
どこ行くの?
愛夏(まな)
愛夏(まな)
理斗の家🏠行ってくる!
やな予感するから...
行ってらっしゃい!
すぐ帰ってくるのよ?
愛夏(まな)
愛夏(まな)
分かってる!
行ってきますっ!
私は猛ダッシュで理斗の家へと向かった。


どうかどうか...🚑が止まってるところが理斗の家の前ではありませんように...








そう願って猛ダッシュで向かった...











でも...
...その願いは叶わなかった...
理斗の家の前に救急車が止まっていた...
理斗の家の中を行ったり来たり
救急隊の人がしていた...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
嘘...理斗は大丈夫だよね...)
その時...玄関から...
架唯(かい)
架唯(かい)
愛夏ちゃん...?
愛夏(まな)
愛夏(まな)
架唯くん‪...理斗は?理斗は?
架唯(かい)
架唯(かい)
今...救急隊の人が懸命に処置してる..けど
意識が戻らないんだ...理斗...
血大量に吐血しちゃって...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
う...嘘でしょ...
私は泣き崩れた.....
愛夏(まな)
愛夏(まな)
(இдஇ; )...
架唯(かい)
架唯(かい)
大丈夫だよ...理斗は...
愛夏(まな)
愛夏(まな)
( つω;`)...だよね...
架唯(かい)
架唯(かい)
理斗の所行こ?
愛夏(まな)
愛夏(まな)
う...うん
私は理斗のところへ向かった...



そこには...



酸素マスクをして...苦しそうに息をしてる

理斗の姿だった
理斗(りと)
理斗(りと)
...ハァハァ
理斗しっかりして...
理斗(りと)
理斗(りと)
...ハァハァ...ケホケホ...ウッ...グブ...(口抑える)
救急隊員
あっ...(マスクを外す)
横向きにさせる)
理斗(りと)
理斗(りと)
ケホケホ...ウッ...ケホケホ...ゲボ...(血吐く)
背中さする)
理斗(りと)
理斗(りと)
ハァハァ...ヒュー...
救急隊員
準備が整いました...
今から〇〇病院に運びます
よろしくお願い致します🙇‍♀️
救急隊員
いっせーのせ!
理斗(りと)
理斗(りと)
担架に乗せられる)
理斗(りと)
理斗(りと)
救急車に乗り込む)
救急隊員
お連れの方3人乗ってください...)
あっはい...
愛夏ちゃん大丈夫よ?来なくて...
(こういうの苦手なこと知ってる)
愛夏(まな)
愛夏(まな)
いえ...行きます!
理斗のそばに居たいんです
じゃあ...
架唯(かい)
架唯(かい)
乗り込む)
って言うと救急車に乗り込んだ)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❥ふ ゎ ❥
❥ふ ゎ ❥
初心者なりにがんばりまーす!!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る