無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

7
2021/07/22

第6話

〜5〜


ー授業中ー

ミカ
ミカ
(あー暇ー)


ブー(マナーモードで通知が鳴る)
ミカ
ミカ
(お?依頼きたんじゃない?)
ミカ
ミカ
(内容なんだ、、、)


 作者組さんへ


今○○町に謎のマフィアグループのようなものが来ています

先ほど私の妹はその者に殺されました

被害が増える前に倒してください

            モブ


ミカ
ミカ
(マフィアを倒すのは久しぶりだな)
ミカ
ミカ
(LINEで教えとこ)


※LINE

ミカ
ミカ
「久しぶりに依頼はいったよ」
rako
rako
「どこ?」
ミカ
ミカ
「○○町だそうで」
快斗
快斗
「どんなの殺すの?」
ミカ
ミカ
「謎のマフィアグループだって」
みづき
みづき
「全員?」
ミカ
ミカ
「一応ね」
のえる
のえる
「把握」
莉菜
莉菜
「オッケーです」
もすたろう
もすたろう
依頼きたぁぁぁぁぁ!!!
先生
先生
おいうるさいぞもす
もすたろう
もすたろう
あれ声に出てた?
先生
先生
丸聞こえだぞwwww
もすたろう
もすたろう
え?恥
れめんれろ
れめんれろ
草生える
先生
先生
お前らちゃんと話聞いとけー
rako
rako
「あいつら何やってん?」
ミカ
ミカ
「草」
のえる
のえる
「もす声に完全に出てたなぁ」
快斗
快斗
「もうあれわざとじゃね?」
みづき
みづき
「バカだな」
莉菜
莉菜
「怒られてるよ」
莉菜
莉菜
「見てみて」







ーもすとれめんは、、、ー




先生
先生
お前らだからそんな頭悪いんだぞ
先生
先生
おとなしく授業聞いていればこんなにならないのに
もすたろう
もすたろう
すいませーん
れめんれろ
れめんれろ
すいません
rako
rako
「あれまだ続く気がするんだが」
ミカ
ミカ
「予習しようぜ」
快斗
快斗
「っていいながらLINEするけどww」
のえる
のえる
「まぁなwww」