無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

神山智洋&藤井流星 甘(裏)
今日は流星と神ちゃんと家でまったり中です♪

智洋「この3人久々やなぁ」

流星「ホンマやな」

あなた「みんな忙しかったからねw」

智洋「お酒飲むかぁ」

あなた「飲む飲む!」

流星「あなたお酒弱かったよな?」

あなた「まあ、飲み過ぎなければええよw」

そこからみんなで思い出話に浸り
随分お酒も回ってきた所だった

〜智洋side〜

あなた「ともひろぉ〜…」

あなたは酔うと俺達のことを下の名前で呼んでくる。
俺にとってはそれがすごく弱い。

智洋「お酒飲みすぎやってwそんくらいでやめとき」

あなた「いやぁ!もっと飲むもん!」

流星「それ以上飲んだらぶっ倒れるで」

あなた「えぇ〜…てかあっつくなぁい?」

そういってあなたは服を脱ぐ
それがやけに色っぽくて理性が保てない

智洋「……あなたごめんっ」

そう言ってあなたにキスをする。

流星「え、ちょ神ちゃん?」

智洋「俺もう耐えられんわ。流星もそうやろ?」

流星「……」

あなた「うわぁキスされちゃったぁ〜」

流星「ごめっ」

そういって流星もキスをする

あなた「んっ…い…や…」

智洋「嫌ちゃうやろ?こんな声出して…」

流星「あなたが酔いすぎたのがいけないんやで?」

流星・智洋「これからもっと楽しませてや…」


---------✁︎キリトリ線✁︎--------

有岡ゆめな🍊🌺❤さんリクエスト

藤井流星&神山智洋 3P

こんな感じでどうでしょう!w

リクエストありがとうございましたっ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あら民🌈💛
あら民🌈💛
お ー ぷ ん 名前変えましたぁ ARASHIC#0617🌈💛からあら民🌈💛ですっ! お気に入りありがとうございます! まさかお気に入りにされるとは…w これからもよろしくお願いします! 妄想小説書いていきます! まだまだ下手だけどよろしくお願いしますm(_ _)m 基本的にジャニスト書くよ! ※エセ関西弁 語彙力なし。 それでも読んでくれたら嬉しいです^^*
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る