無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第11話

中間淳太 甘
あなた「ゲホッゲホッ」

朝起きてだるいなーって思って熱計ったら38度。
頭も痛いし今にも倒れそうで…

ピンポーン

淳太「あなたー」

あなた「あ、淳太…どうしたん?」

彼氏には風邪っていってない、心配かけたくなし忙しいだろうから。

淳太「この前のロケでな?カステラ買ったんよ。あなたに食べてもらいたいなー思って」

あなた「あ、ありがと…」

淳太「あなたなんか顔色悪くない?大丈夫か?」

あなた「いや全然大丈夫…だ…よ…」

視界がどんどん暗くなってきて真っ暗になる

淳太「ちょ、あなた!大丈夫やないやん!」

数分後

あなた「…淳太…ごめんね?」

淳太「いや全然大丈夫やけど。なんで言わんかったん?」

あなた「いや心配かけたくないなって…」

淳太「そうゆう時は言ってや。逆に心配なるやん」

あなた「ごめんね。」

淳太「なんか欲しいもんある?」

あなた「いや、大丈夫」

淳太「遠慮せんと言ってや」

あなた「じゃあ…プリン、」

淳太は少し口角をあげて

淳太「じゃあ待っとってな。すぐ買ってくる」

あなた「ありがとね」

数日後

電話中…

あなた「この前はほんとにありがと!」

淳太「ええって。w治ってよかったわホンマに」

あなた「今度なんかお礼する!」

淳太「治ってくれたらそれでええよ。あ、今度からはちゃんと言ってや?すぐ飛んで行くから。」

あなた「うん。分かった。ありがと」

淳太「おう。じゃあまたな。」

あなた「うん!」

淳太「あ、あなた」

あなた「ん?」

淳太「愛してんで。」

プツッ

---------✁︎キリトリ✁︎--------

中間淳太 風邪

自分リクエストw

淳太が最後愛してんでって言ってくれるかは分かりません((((

だけどみなさんをキュンとさせたかったww

そして無駄に長くなったことすみませんw
自担だとなんか長くなる(言い訳)

リクエスト待ってます!!

あと過去にリクエストしたのに書いてもらってないって方がいらっしゃいましたらすぐ言ってくださいね!

絶対書きます!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

あら民🌈💛
あら民🌈💛
お ー ぷ ん 名前変えましたぁ ARASHIC#0617🌈💛からあら民🌈💛ですっ! お気に入りありがとうございます! まさかお気に入りにされるとは…w これからもよろしくお願いします! 妄想小説書いていきます! まだまだ下手だけどよろしくお願いしますm(_ _)m 基本的にジャニスト書くよ! ※エセ関西弁 語彙力なし。 それでも読んでくれたら嬉しいです^^*
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る