無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

(第10話)廉の決意
優太
優太
海人…
ほんとにかなちゃんのこと
忘れちゃったんだな。
廉
うん
優太
優太
つらいだろうな、かなちゃん。
廉
優太
優太
全部忘れるならまだしも
自分のことだけ記憶がないなんて。
優太
優太
でももしかしたら記憶が戻る
可能性が高いって先生も言ってたし。
早く戻ればいいのにな。
廉
俺…
このまま海人がかなのこと
思い出さないで欲しいって思ってる。
優太
優太
は?何言ってんのお前!
廉
かなのこと忘れた海人を見て
ちょっと安心した自分がおった。
優太
優太
お前、自分が言ってること
わかってんのか?
廉
けど最近毎日かなが海人の
お見舞いいってるのをみて
あいつの中での海人も
すごいでかい存在やったんやなって
思った。
優太
優太
廉
だから俺別れようと思ってる。
優太
優太
え?
廉
かなと。
優太
優太
廉
俺らにはわからん何かが
あいつらにはあるんやって感じる。
優太
優太
うん。
廉
俺らには超えられへん何かが。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みいこ( ¨̮ )︎︎
みいこ( ¨̮ )︎︎
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る