無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

六話
「「「「個性把握…テストォ!?」」」」
入学式もガイダンスも無いんだとよ
ま、想像はついてたけどな
逆になんでこんな騒いでんだよ
相「爆豪、中学の時ソフトボール投げ何mだった」
爆「67m」
相「じゃあ"個性"を使ってやってみろ」
へーー
個性使ってやるってことは術式使って良いのか?
爆「死ねぇ!!!!!!」
……彼奴ヒーロー志望だっよな
ヒーロー志望が死ねとか言って良いのか……?
相「まず自分の[最大限]を知る」
相「それがヒーローの素地を形成する合理的手段」
自分の……最大限…………