無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

五話
さっきのきしょい奴担任らしいぜ〜
今から体操服着てグラウンド来いって言われた〜
『ダルっっっ』
緑「あ、あの…五条君だったよね…い、一緒にグラウンド行かない……?」
……何こいつ
いきなり話しかけてきたんだけど
俺一人で行けるし
でもさ、俺って優しいんだよねぇ
『は?話しかけんな』
あー☆口が滑っちゃったー☆
『俺、先行くから』
雑魚が話しかけてくんじゃねぇよ