無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

七話
「なんだこれ!!すげー面白そう・・・・!」
「705mってマジかよ」
「"個性"思いっきり使えるんだ!!さすがヒーロー科!!」
相「面白そう…か」
相「ヒーローになる為の三年間そんな腹づもりで過ごす気でいるのかい?」
相「よしトータル成績最下位の者は見込み無しと判断し」

相「除籍処分としよう」
せんせー!
それは、モサモサくんが可哀想だと思いまぁす!
俺には関係ないし別にいいけどな
相「Plus ultra更に向こうへさ」
相「全力で乗り越えて来い」
第1種目:50m走
第2種目:握力
第3種目:立ち幅跳び
第4種目:反復横跳び
第5種目:ボール投げ

取り敢えず全種目終わったぁ〜!!!
モサモサくん指やばいことんなってるけど大丈夫なの?
てか除籍嘘とかさ……つまんねー嘘つくなよ
しかもなんと俺、☆1位☆