無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

三話
ん?なんかドアの前でつっ立ってるヤツいるんだけど

なんか入れない理由でもあんの?
『入んねーの?お前』
緑「ウェッそ、それはえーと、そ、そのー……」
『?じゃ、俺先入るから』
うわ、中うるさ
飯「机に足をかけるな!雄英の先輩方や机の製作者方に申し訳ないと思わないか!?」

爆「おもわねーよてめーどこ中だよ端役が!」
俺の席何処だろ