無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

安心。
後ろを振り返った。




やはり、後ろには黒いパーカーをはおり、サングラスをかけた怪しい男がいた。手にはナイフを持っていた。


























ぞっとした。







しかし、その男も後ろを振り返っていた。
そしてすぐに逃げ出した。








??「待てっっ!!」




??は男を捕まえた。それまで暗くてよく見えなかったが、あたった街灯の明かりではっきりと姿が見えた。

































あなた「れ、廉………………。」







安心した。今までにないくらい一気に安心感が出てきた。身体の力がスーッと抜けて、地面にひざまづいた。












その後、警察を呼んでいた勇太も駆けつけ、何とか無事だった。


警察が着いた時には既に男は観念していた。

警察は男の身柄を確保し、
「ご協力に感謝します。」
と言って、立ち去って行った。















廉「あなた?大丈夫か…?」


廉がそういった時、目から一筋の涙がこぼれた。


あなた「あれ……?なんで、とまらない…」

涙はとまることを知らず、溢れ続けた。




















ギュッ


廉が私を抱きしめた。





私はその温もりの中で、ひたすら泣き続けた。


























怖かった。とても怖かった。
















『あなた!!!』
























あの声で、私はどれだけ安心できたことか。




























嬉しい。

悲しい。

驚いた。

怖い。






どれも違った。
ただ、ひたすらに































『安心した。』
ただそれだけだった。


































廉は何も言わず、私が泣きやむまでずっと一緒にいてくれた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

♕﹎ 永 瀬 あ か り﹎ ♕
♕﹎ 永 瀬 あ か り﹎ ♕
♚ O P E N ♚ ⤵︎ 重度の低浮上だおだお " みんなが認めるキチガイヲタク " 好きなものはうんこ!!💩💩💩 嫌いなものはうずらの卵!!🥚🥚🥚 そう!!我こそが!!! 永瀬あかぴまる!!!(うっせえ黙れ) 👑 ▻► 永 瀬 廉 ・ 岸 優 太 🥀 🌹 ▻► 佐 藤 勝 利 大切な人!!! あやか🦍 ゆう👼 ひか🐣 相互フォローしますよん♡ 何となく作ってみたくて、(誰も付けませんよ) こちら、"ふぁんま" というものでございます▻►👑🐼 ふぁんま付けてくれてる子 愛してるぅぅぅううう(きもい黙れ) 💍💜。🍎🌼。 ♛︎ C L O S E ♛︎ ⤴
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る