無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

大事件‹1›
番組会場。

あなた「こ、ここがあの番組の会場か…!」

どうやら凄いところに来てしまったみたいです。まあ、芸能人なんだから当たり前なんだろうけど笑


スタッフ「SexyZoneの皆さん!」

SexyZone「はい!」

スタッフ「先日言ったことは覚えてらっしゃいますか?準備の方整っていれば、そろそろ始めたいと思うんですけど。」

健人「大丈夫です!」

スタッフ「分かりました!では機材の準備が整ったら始めますので、最終確認などのほう、よろしくお願いします。」

SexyZone「はい!」


えっと……、これは……

あなた「勝利君勝利君!」

勝利「あ、ストーップ!」

あなた「え?」

勝利「君付け辞めようよー!皆呼び捨てでいいでしょ?僕もあなたって呼びたいし。いいよね?皆も。」

風磨「俺はいいけど。」

健人「いいよ!ちゃんと健人って呼ばれたいしね😘」

聡「いいよー!あ、でも僕はまだあなたちゃん呼びかなー?」

マリウス「僕もー!あなたちゃんはあなたちゃんだもんね!」

勝利「よし!じゃ、これからメンバーは呼び捨てで!」

きゅ、急だなー……。

あなた「えっと、じゃあ勝利…?」

勝利「んー?笑」

はっ、恥ずかしいっ(*´`)

あなた「さ、さっき言ってた条件って何ー?」

勝利「あー、そうだったね笑。えっとねぇ………、やっぱ無理!風磨くん言ってー笑」

風磨「え、めんどい無理。」

勝利「えぇー、僕もやだよー。」

健人「じゃ、俺言うわ笑。
あのね、この番組のコーナーで、俺達が客席にいる人から選んでその人を口説くっていうコーナーがあるんだけど。それ、やっぱ急だと女の子だし泣いちゃったりするかもでしょ?だから、スタッフさんに僕らの知り合いとかでいいから連れてきてその子にお願いしてもらえる?って言われたんだよね。ファンの子達には申し訳ないんだけど😞」

え、それってつまり………

あなた「そ、それを私にやれと?!」

風磨「そそ笑」

ええぇぇっっ?!?!
いやいや、私には無理!!!(ノ ○ Д ○)ノ 

あなた「にっ逃げるっ!!ε=ε=ε=┌( ˙-˙ )┘」


パシッ(腕を掴む


風磨「自分で来たいって言ったんだから、当然やるよな?笑笑」

ふぇぇぇぇ?!(・◇・)
腕掴まれた?!ヤバイヤバイヤバい///

あなた「ちょっ……、楽しんでるでしょっ!」

風磨「別にー笑。やるよな?笑笑」

あなた「ああぁぁー…………、分かった分かった。やるよ…。」

風磨「(厂˙ω˙)厂うぇーい!落ちた落ちたー!笑笑」

あなた「落ちてはいないから。普通にOKしただけでーす。残念でしたー(´ー∀ー`)フッ」

風磨「いやいや、絶対落ちてたから。顔が赤かったしー🎵笑」

あなた「あ、赤くないから!!!」

勝利「まぁまぁ(;´・∀・)/じゃあよろしくね、あなた!」

健人「あなたを口説けるなんて、楽しみ〜!😚💓💓」

聡「でも、僕はやっぱり恥ずかしいかも///」

マリウス「そう?僕は楽しみだよ🎵😘」



〈えっっっ?!〉















作者
あ、〈〉はSexyZone←マリウスを除く
とあなたです。すいません、めんどかったんで。笑

次回からその番組に入りマリウス!笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

♕﹎ 永 瀬 あ か り﹎ ♕
♕﹎ 永 瀬 あ か り﹎ ♕
♚ O P E N ♚ ⤵︎ 重度の低浮上だおだお " みんなが認めるキチガイヲタク " 好きなものはうんこ!!💩💩💩 嫌いなものはうずらの卵!!🥚🥚🥚 そう!!我こそが!!! 永瀬あかぴまる!!!(うっせえ黙れ) 👑 ▻► 永 瀬 廉 ・ 岸 優 太 🥀 🌹 ▻► 佐 藤 勝 利 大切な人!!! あやか🦍 ゆう👼 ひか🐣 相互フォローしますよん♡ 何となく作ってみたくて、(誰も付けませんよ) こちら、"ふぁんま" というものでございます▻►👑🐼 ふぁんま付けてくれてる子 愛してるぅぅぅううう(きもい黙れ) 💍💜。🍎🌼。 ♛︎ C L O S E ♛︎ ⤴
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る