無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第10話
誰かに写真を撮られてしまってからしばらく経ったとき…


事件が起こった。


萌音のマネージャーが、事務所の社長に呼ばれたのだ。


マネージャーが社長に呼ばれることは滅多にない。
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
コンコン…失礼します。
事務所の社長
事務所の社長
まあ、そこに座ってくれ。
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
はい、失礼します。
部屋が重々しい雰囲気に包まれた。
事務所の社長
事務所の社長
あなたが担当してる上白石萌音が、週刊誌に載ることになった。
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
えっ!?
事務所の社長
事務所の社長
まあ、詳しくはこれを見てくれ。
社長が渡したものは、まだ発売前の週刊誌だった。
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
ドラマの撮影終わり、飲食店に入って行く超人気俳優・女優…
事務所の社長
事務所の社長
いま、佐藤健さんの事務所と話し合っているところだ。
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
すみません…
事務所の社長
事務所の社長
その現場に、あなたも居たそうですが?
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
2人がそういう雰囲気になっていることは、向こうのマネージャーも気づいていました。
事務所の社長
事務所の社長
でも…まだドラマの撮影中だよね?
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
はい…
事務所の社長
事務所の社長
やっと視聴率も上がってきたところで、そういう個人的な関係だって放送されたら、大変だよ…?
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
事務所の社長
事務所の社長
とりあえず…向こうの事務所と相談して、「事実無根です」という発表する。
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
はい…
事務所の社長
事務所の社長
上白石萌音を呼んできて。
萌音のマネージャー
萌音のマネージャー
わかりました。失礼しました…
どうなってしまうのでしょうか…?

見てね〜