無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

第11話
萌音のマネージャーが、萌音を呼びに行った。


その頃、健くんは…
健のマネージャー
健のマネージャー
お呼び…でしょうか…
事務所の社長
事務所の社長
まあ、そこに座れ。
健のマネージャー
健のマネージャー
はい…
事務所の社長
事務所の社長
あ、佐藤健も呼んできて。
健のマネージャー
健のマネージャー
わかりました。
健くんのマネージャーは、健くんを呼びに行った。
事務所の社長
事務所の社長
上白石さんと、個人的な関係はあるの?
佐藤健
佐藤健
…一切無いです。
事務所の社長
事務所の社長
では、この写真の説明は?
健のマネージャー
健のマネージャー
2人のマネージャーと共に4人で同じ入り口から入った。
しかし、2人はそれぞれ別の出口から出て、その場を去っていった…
事務所の社長
事務所の社長
どうやら、あなたも知っていたそうじゃないか?
健のマネージャー
健のマネージャー
はい…
事務所の社長
事務所の社長
…上白石さんの事務所とも話して今後を考えます。
2人のプライベートでの交流は禁止とします。
佐藤健
佐藤健
…わかりました…申し訳ございませんでした。
事務所の社長
事務所の社長
健、戻っていてくれ。
健くんのマネージャーだけと話したかったのか、健くんを部屋から出させた。
事務所の社長
事務所の社長
正直に、2人の関係はどうだった?
健のマネージャー
健のマネージャー
上白石さんの方は、何も想っていなさそうでした。
事務所の社長
事務所の社長
それは良かった。
健のマネージャー
健のマネージャー
しかし…健は想いを寄せていると思います。
事務所の社長
事務所の社長
…2人のプライベートに事務所が関わる必要は無いと思う。
しかし、向こうがまだお若い…応援してあげたいけど…
健のマネージャー
健のマネージャー
僕も、そう思います。しかし…
健くんの事務所は、恋を応援してあげたいという気持ちがあるようだった。
しかし、萌音ちゃんがまだ若いということから、2人の今後の交流が禁止になってしまった。

見てね〜