無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

第14話
萌音ちゃんは、健くんの楽屋に走って行った。
上白石萌音
上白石萌音
コンコン…失礼します。
佐藤健
佐藤健
(あれ?上白石さん!?)どうぞー
ガチャッ
上白石萌音
上白石萌音
佐藤健
佐藤健
あの…何でわざわざ?
上白石萌音
上白石萌音
お話したいな…と思って!w
佐藤健
佐藤健
上白石萌音
上白石萌音
ご迷惑ですね…?帰りますー!
佐藤健
佐藤健
ちょっと待って!
健くんはまたしても萌音ちゃんの手首を掴んだ。
上白石萌音
上白石萌音
え…?
佐藤健
佐藤健
さっきの…紙は読んでくれた?
上白石萌音
上白石萌音
あ…はい…
佐藤健
佐藤健
上白石萌音
上白石萌音
2人の間に沈黙が流れた。
佐藤健
佐藤健
一目見た時から、仕草や笑顔が可愛いと思いました。
いまはお互い名字で呼び合う仲だけど、名前で呼び合える仲になりたいです。
好きです…!
上白石萌音
上白石萌音
佐藤健
佐藤健
…上白石さんは?
上白石萌音
上白石萌音
ごめんなさい…やっぱり好きです…
佐藤健
佐藤健
…?
上白石萌音
上白石萌音
私は気づいてたら好きになってました。
でも、週刊誌に載ってしまうのが怖くて…
佐藤健
佐藤健
…?結局どういうこと?
上白石萌音
上白石萌音
だけど、週刊誌に載ることが怖くないぐらい…佐藤さんが好きです!
佐藤健
佐藤健
…じゃあ、僕とお付き合いしてくれますか?
上白石萌音
上白石萌音
もちろん!嫌なぐらい好きです!
やっと、萌音ちゃんと健くんのお付き合いが始まりました!

見てね〜