無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4


ほんとになんの音も聞こえない…。






好きだったアイドルの歌、声も聞けない…。






家族の声も、人の声も…。







階段を降りようとしていれば、誰かに後ろからぶつかられるし…、、







その人が何か言っているけど…







なんにも分からなくて…。。







退院して、普通の生活に戻せば、、







もっと、







不便なことでいっぱいだった。