無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10







午前2:30。








バッと目が覚めた。







あなた)はぁ、はぁ、







喉がカラカラ…







なぜか泣いている。






そういえば…今日もあの子の夢だった。







一緒にいられる30分間。






だんだん短くなっていってる気がする。









昨日より少し体が透けてるようにも見えた。