無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
 

私は、耳が聞こえない。

中学生の時に交通事故にあい両耳の聴力を失った。

それからは、地獄のような毎日。

今まで聞こえてた音が聞こえない。

みんなの声、笑い声が聞こえない。

中学でも高校でも…

みんなに馬鹿にされて、いじめられた。

耳が聞こえなくなっただけで…、、

こんなに…、、

もう、何回も何回も死にたいと思った。

でも、そんなときに君に出会った。

耳が聞こえなくなってから初めて、「生きたい」と思えた。

「楽しい」と思えた。

ありがとう。